サンドウィッチマンが錦織圭に痛烈スマッシュ「字は世界レベルじゃない」

サンドウィッチマンが錦織圭に痛烈スマッシュ「字は世界レベルじゃない」

イベントに登壇した錦織圭とサンドウィッチマン。中央は武藤敏郎事務総長、その右隣はLIXIL・佐竹葉子氏

7月17日に都内で行われた、東京2020組織委員会・LIXIL合同記者会見「『東京2020 復興のモニュメント』プロジェクト発表〜仮説住宅の再生アルミ納入式〜」に、プロテニスプレイヤーの錦織圭選手、サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしが登壇した。

LIXIL公式アンバサダーを務める錦織選手は、「このイベントを楽しみにしていました」と第一声。デビュー通算400勝を飾った今季については、「順調にきています。タフな試合が続いているので、今は一回休んでリフレッシュして、アメリカから始まるシーズン後半に向かいたいと思います」と現況と併せて報告した。

東京オリンピック・パラリンピックまであと1年に迫ってきたことについては「ちょっとずつ気持ちが高まってきていますね。でも1年といったら、まだ準備期間はあるのかなと思います」と心境を語った。

一方、伊達は「本番に向けて体を鍛えてます」と笑いを交えつつ、「東北でも開催されますし楽しみです。ワクワクしてます」とコメント。相方の富澤は「メダル、メダルと言うと選手にプレッシャーがかかっちゃうんで、錦織選手の金メダル1個で十分です」と語り、錦織選手が苦笑いする一幕も見られた。

■ 錦織の好きな芸人は“サンド”ではなく…

ここで、伊達がイベント前の錦織選手とのやり取りを告白。伊達が「『お笑いはご覧になるんですか?』と錦織さんに聞いたら『見ます』とおっしゃったので、好きな芸人を聞いたら、『ナイツです』とまっすぐに目を見て言われました(笑)」と落胆させられたようだが、「サンドウィッチマンも見てくれているみたいで、さっき握手もしたので、これで親友になりましたね」と“和解”した様子。

そして、「東京2020に向けての秘策」を聞かれた錦織選手は、「LIXILさんのシャワーやお風呂がすごくいいので、家に入れてもらってリフレッシュしながら戦いたいと思っています」と回答すると、伊達が「僕らもお風呂が大好きで、番組(NHK総合「サンドのお風呂いただきます」)もやらせてもらっているのでいただいてみたい」と返して笑いを誘った。

「東京2020 復興のモニュメント」プロジェクトは、被災地の仮設住宅で使用された窓などのアルミ建材をLIXILが回収し、そこから得られた再生アルミからモニュメントを製作。

そのモニュメントに被災地からのメッセージを載せ、大会本番時に多くのアスリートが目にする場所(被災3県)に設置。メッセージから力を得たアスリートが見せるパフォーマンスにより、再び被災地の復興に向けた原動力になるというもの。

宮城・気仙沼で被災した経験を持ち、復興支援活動を続けているサンドウィッチマン。当プロジェクトについて、伊達は「仮設住宅はたくさんあるので、みんな(被災者)が災害復興住宅に引っ越した後に仮設住宅はどうなるのだろうと思っていました。それがモニュメントになるというので、素晴らしい試みだなと思いました。心からうれしいです。思い出の一部がモニュメントになるというのは意義があること」と語る。

また、富澤は「仮設住宅はつらい生活の象徴でもあるんですけど、アスリートと結びつくことで、ポジティブな気持ちに変わりそう」と、プロジェクトの意義を語った。

さらに伊達は「復興は地域によって差がある。いまだにかさ上げ工事をしている所もある。それを僕らが伝えていかないとなと思っていて、今も月に1、2回、東北に行っています」と復興の現状を語った。

チャリティーマッチなどで復興を支援している錦織選手は、「僕も仮設住宅がどうなるのか疑問に思っていました。こういう形でアスリートを応援してくれるモニュメントとして変わっていくことはすごくいいアイデアだと思いました」とプロジェクトに賛同していた。

■ メッセージを書く錦織に伊達がチクリ

錦織選手から、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の武藤敏郎事務総長に、再生アルミの納入式が行われた後、アルミプレートにメッセージを入れたサンドウィッチマンが、そのプレートを公開した。

伊達は、普段からサインを書く時にもしたためるという好きな言葉の「東北魂」という言葉をチョイス。

一方、富澤の書いたメッセージは「エール」。「“エールを書いて”と言われたから。これでいいのかな」と理由を語る富澤に、「書き直せ!」と伊達がツッコむ一幕も。

そして、錦織選手は会見中にメッセージを書くことに。錦織選手が書き込むプレートをのぞき込む伊達は、「字はあまり…。字は全然世界レベルじゃないですね」とイジリ出し、その一言に恥ずかしがる錦織選手は伊達に背中を向けるしぐさを。

「未来を変える」と書き込んだ錦織選手は、「LIXILさんは再生という形で未来を変えていると思うんですけど、僕ら自身も未来を変えられるように、いい形にもっと成長してどんどん強い自分になって、いい結果が残せるようにしたいです」とその思いを明かした。

最後に、伊達は「地元・東北の元気だったり、頑張ってきた証しを(東京オリンピック・パラリンピックで)世界中の方に見てもらいたい。単純にオリンピックが楽しみですから、アスリートを応援したい」とアピール。

富澤は「変わらず東北を応援するのと、オリンピック・パラリンピックで東北出身のアスリートと錦織選手を応援したいです」と宣言した。

錦織選手は、「今回のこういう活動をきっかけに、被災地への思いが強くなりました。これから東京2020がありますので、いいメダルを取れるように頑張ります。被災地へのかかわりも増やしていければ」と来年に向けて決意表明した。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)