櫻井翔×相葉雅紀、ヤマンバメークに挑戦し「翔にゃん」「マサキィ」に!【月刊「嵐」連載プレーバック】

櫻井翔×相葉雅紀、ヤマンバメークに挑戦し「翔にゃん」「マサキィ」に!【月刊「嵐」連載プレーバック】

月刊「嵐」連載、櫻井翔と相葉雅紀のトークをプレーバック!

月刊ザテレビジョンで掲載中の嵐の連載、月刊「嵐」。彼らのデビュー20周年を記念し、過去企画の中から“ペアトーク”を抜粋! 今回は櫻井翔×相葉雅紀ペアの前編を。

●2001年5月号「CDジャケット撮影」

櫻井が相葉を撮影し、その写真でオリジナルCDジャケットを制作。タイトルは「AIBA the king of Sunday」。

櫻井「(パソコンで)画像の加工したの初めてだよ。21世紀、パソコンをなめちゃいけないな〜。カッコいい画像ができて、大満足だよ!」

相葉「僕、アナログ派だから、まだついていけない…。大人になったらやるよ」

櫻井「俺はメカ系強いよ」

相葉「いいなぁ。僕はやっとビデオのGコード予約ができるようになった(笑)」

櫻井「自分で時間を設定する予約はできないんだろ?」

相葉「うん(笑)。でも、きょうみるみるパソコンでデザインされていくのを見て、ちょっと勉強しないとダメだなって思ったよ。アート担当として、デジカメで撮影した画像を自分で加工できるようにはなりたい」

●2003年12月号「枕選び」

枕専門店で自分に合った枕を選んだ2人。4〜5種類試すうちに気持ち良くなった相葉はうたた寝を(笑)。

櫻井「枕は本当に大事みたいよ。春頃、ちょっと首をおかしくしちゃって、病院に行ったんだよね。そしたら、自分に合った枕を作った方がいいですよって言われて。でも、休みがあると洋服買いに行っちゃって、なかなか枕は買いには行かないじゃん(笑)」

相葉「確かに(笑)。翔くん、膝下にあてる枕も買ってたね」

櫻井「血行にいいらしいんだよ。あと、机にうつぶせになって仮眠する俺にとって最適なデスク枕も見つけてうれしかった(笑)」

相葉「今までかばんを枕代わりにしてたもんね〜」

櫻井「俺のために開発された商品かと思ったよ」

相葉「あ〜。きょうは寝るのが楽しみだよね〜!」

●2005年7月号「ボクシング」

シャドーボクシング、ミット打ちなどを経て、2人が直接対決を。相葉の右ストレートをコーチが絶賛! 

ボクシング対決は相葉の圧倒的勝利!

櫻井「しっかし、相葉ちゃんは強い。スパーリングのとき、すごかったよ」

相葉「ちょっと翔くんがガラ空き状態になったからスパーンと」

櫻井「ボディー入れたかったんだけど、今回はヘッドギアで守られてる部分だけってことでやったから、ちゅうちょしてる間にやられた(笑)」

相葉「でも面白かったね」

櫻井「面白かったね〜。何か、血が騒ぐってこういうことかって思っちゃったよ」

相葉「カッコいい〜!」

櫻井「相葉ちゃんから打たれまくってたけどね(笑)」

●2007年3月号「ヤマンバメーク」

ヤマンバの男子版、センターGUYメークに挑戦。「翔にゃん」「マサキィ」と呼び合い、アゲアゲで撮影! 

櫻井「メークするとノッてくるんだよ。俺は白のラインが入ったところからキタね」

相葉「俺はね、腕にジャラジャラ着けてから気分上がってきた」

櫻井「俺の白はメーク道具でやったけど、相葉さんのはマーカーだからね」

相葉「白いマーカーが出てきたときにはビックリしたんだけど、先生が水性だから大丈夫!って言うから(笑)。マーカーにこんな使い道があるなんて知らなかったよ。翔くんはかわいい感じになったね」

櫻井「モテる?」

相葉「モテ…ない。センターGUY・OBの先生が言ってたじゃん。GUYは基本モテないって(笑)」

●2007年6月号「ルーから作るカレー」

2人で協力してルーを作った後、それを使って櫻井は“そば店のカレー”、相葉は“麻婆カレー”を完成させた。

相葉「麻婆カレーもうまいでしょ」

櫻井「麻婆豆腐としても本格的、カレーとしてもうまいし、言うことなし! カレーと麻婆、合うね」

相葉「中華料理店の息子としても、麻婆豆腐とカレーって大発見!」

櫻井「みんなでルーを作って、そこからいろんなカレーにして、カレーパーティーなんてのもいいね」

相葉「いいね〜。ナンやうどんも用意しちゃってさ」

櫻井「相葉ちゃんと俺、ヤマンバメークに次いでいい仕事したね。カレーをルーから作れる男、ちょっとカッコ良くない?」

相葉「デキる男だよね」

櫻井「でも、これを女の子に作ってもらったら余計に感動しそう(笑)」

●2008年3月号「給食」

さまざまな時代の給食を試食。メニューを交換しながら食べつつ、小学校時代の思い出話に花を咲かせる。

相葉「給食係でさ、失敗してこぼしちゃう子とかいたよね(笑)。足りなくなって他のクラスに恵んでもらいに行ったりしてさ」

櫻井「あるある。ねぇ、給食って量はこんなもんだったっけ? もっといっぱいだった気が…。いや、俺が大きくなったからか」

相葉「そうだよ。机だって今座ればすごく小さく感じるんだから」

櫻井「確かにそうだ」

相葉「給食って子供にとって、エンターテインメントなんだよね。飲み物は基本牛乳なのに、デザートはカットフルーツだったりしてさ。この一見合わないようなものから絶妙な組み合わせを探したり(笑)」

櫻井「きょう、さえてるね〜(笑)」

相葉「いろいろ試しては、“みんな! 牛乳飲んだ後グレープフルーツ食べてみて”とか大声で言う男子だった、俺は」

櫻井「それ、合わなくない?」

相葉「合わない組み合わせをあえて探して、みんなに教えるの(笑)」

■ マシュマロ触感のボディーピローにハマる

●2009年10月号「クッション探し」

自分好みのクッションをオーダー。抱き枕を抱える相葉を見た櫻井は「抱きこなしてる」と感想を(笑)。

――相葉はマシュマロ触感のボディーピロー「わがまま」に夢中になるが、枕と抱き枕が一体になった新型抱き枕にも興味津々で…。

相葉「俺は『わがまま』に一目ぼれだったかな。翔ちゃんが準備してるときに、先に一人でショールーム行ってさ。真っ先に目に付いたのが『わがまま』で(笑)」

櫻井「そうだったんだ。その後、新型も試して揺れちゃったのか。だって、アイツもすごいもんな」

相葉「アタシ、できないことないわよ、みたいなね(笑)。料理も何でもできちゃうタイプだね」

櫻井「多機能だよね。やばい、俺ら枕を語りだしてる(笑)」

相葉「完璧なんだけど、俺の好みとしては、もうちょっとダメな部分も欲しかった」

櫻井「気持ち悪いなぁ〜(笑)」

相葉「アハハハ(笑)」

●2010年6月号「手相占い」

手相とタロットカードで運勢を見てもらう。グループとしては「原点に帰るときがくる」という結果に。

――手相占いの結果、櫻井には人の上に立つ“天下取り”の相やロマンチストな相が、相葉には知性の相があることが発覚。

相葉「これまで隠してた、僕の知性の部分がバレちゃったな。手相に知性が出ちゃってたよ!」

櫻井「これまで僕らが全力で隠してた相葉雅紀の知性が(笑)」

相葉「そうなんですよ。4人に助けられながら隠してたのにね」

櫻井「世に出ちゃいますか」

相葉「キャラぶれちゃうね(笑)」

櫻井「この結果、隠しとく?」

相葉「いや、太字で強調したいっ。だって、頭がいいって言ってもらえて、超うれしかったから」

櫻井「俺もひた隠しにしてきたロマンチストで神秘性があることが、とうとうバレちゃったな(笑)」

相葉「だよね〜」

櫻井「手相も面白かったけど、タロットでエンペラーのカードが出たのが俺はうれしかったな」

相葉「さすがだよね。“天下取り”の手相だったり、エンペラーだったり、翔ちゃん、話がデカいよ」

櫻井「ホントにね。今後とも、僕のことを大事にするように!」

相葉「何かのアンケートで“総理大臣になってほしい有名人”1位だったもんね。それ知ったとき、ちょっとうれしかったんだよね」

櫻井「ウソ!? 俺、ちょっと引いちゃったよ。無理だよ〜(笑)」

相葉「いいじゃん。(総理大臣に)なってなって!!って思ったよ」

●2011年6月号「ネギ」

ネギ焼き&長ネギの豚肉巻きを作る。相葉がネギ焼きをうまく返し、見た目も味も大成功の2品が完成! 

――さまざまな“究極の二択”について回答。まずは、こしあん派? つぶあん派?

櫻井・相葉「こしあん!」

――シャワー派? 湯船派?

櫻井・相葉「湯船〜」

櫻井「気が合うな(笑)」

相葉「合っちゃうね〜」

――うどん派? そば派?

相葉「うどん」

櫻井「そば」

相葉「お、分かれたね」

櫻井「相葉くん、確かにうどんだね」

相葉「カレーうどんですね」

櫻井「それそれ(笑)」

相葉「翔ちゃんは鴨せいろ」

櫻井「そうだね。そこはブレないね」

――目玉焼きにはしょうゆ派? ソース派?

櫻井・相葉「しょうゆ!」

相葉「ホント気が合いますね」

櫻井「付き合おうか?(笑)」

相葉「そろそろね(笑)」

――寝るときはパジャマ派?スエット派?

櫻井「俺、スエット。誕生日に『ひみつの嵐ちゃん!』(2008〜2013年TBS系)のスタッフにもらったスエットを着てる」

相葉「パジャマ」

櫻井「ママが買ってきてくれたヤツね」

相葉「そうそう、ママがね(笑)。って文字にするとイタいと思うんだけど〜!」(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)