石原慎太郎&石原良純&亀井静香が最近の政治家をぶった切る!「今の政治家はガッツがない」

石原慎太郎&石原良純&亀井静香が最近の政治家をぶった切る!「今の政治家はガッツがない」

7月21日(日)放送の「Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP」に出演する亀井静香氏、石原慎太郎氏、石原良純(写真左から)

7月21日(日)に投開票される参議院選挙を速報する、「Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP」(夜7:56-1:25※中断あり、フジテレビ系)で、石原慎太郎氏と石原良純、亀井静香氏の鼎談が実現。日本の政治と未来について、誰にも止められない過激なトークが繰り広げられる。

慎太郎氏と亀井氏を前に、良純は「制御が効かないので、自由にやっていただいて…」とお手上げ状態になる中、鼎談はスタート。

「最近の政治家はいかがですか?」と水を向けられた慎太郎氏は「今の政治家を見ているとガッツがないんだよ。『自ら反(かえり)みて縮(なお)くんば千万人といえども吾往かん』という孟子の言葉があるけどね、『相手が1000万人になっても1人で行くんだ!』っていう、そういう気骨のある政治家がいないな」とコメント。

亀井氏も「どう見たっていないんだけどね、う〜ん、いないなぁ」と首をひねり、「国のためにはね、政治家としての政治生命を捨てるというぐらいの覚悟がないといかんのよ」と政治家のあるべき姿勢を語る。

さらに慎太郎氏は「まあ女性議員もいるけどさ、大方が男だろ。あいつら男じゃねえんだよ。気力もない、根性もない、体を張る度胸もない、捨て身でものをやるってことを考えなかったら、物事が開けてこないんだよ」と今の政治家たちをぶった切った。

■ 慎太郎氏「トランプみたいなバカがさ…」

そんな2人に、良純が「なぜ気骨ある政治家がいなくなってしまったのか」を問うと、「簡単に言うとさ、戦後の教育は体罰がなくなったでしょ。とにかく甘やかして甘やかして蝶にして育てて…」と語り始める亀井氏。「いやいや体罰なんて…」と良純がフォローしようとするが、話は意外な展開に。

慎太郎氏は「(長男の伸晃氏が)女房に向かって失礼なことを言うからね、玄関の方に引き出してぶん殴ろうと思ったらね、俺の金で習った合気道の技使って、俺の逆をとって痛くてひざまづいてた。それで俺はね『おまえ、男として表に出ろ、おまえが家出るか出ないか覚悟決めて殴り合いのけんかをしよう』と。そうしたら、あいつから謝って。体罰やったんだよ、それであいつを張り倒したよ」と石原家の壮絶な過去を語りはじめ、良純は苦笑い。

すると亀井氏も「俺はね、さびた日本刀を抜いた親父が、神殿の前で『おまえを殺して俺も死ぬ』って…。生まれて初めてお詫びした。後で『しまったー! あれは芝居だった』って分かるんだけどね」と、こちらもすさまじい体験を披露する。

そして議論のターゲットは、アメリカのドナルド・トランプ大統領にまで及び、安倍晋三首相は歴史的といえるような成果を残すべきだと訴える慎太郎氏。

地球温暖化を巡るトランプ政権の動きを批判した上で、「トランプみたいなバカがさ、不動産業者みたいな利益感覚で温暖化なんてデマだといって、アメリカはパリ協定に入らないわけでしょ。こんなね、とんでもないリーダーが出てきたらね、世界の不幸ですよ。

安倍君はね、人類の将来ってのを考えるんだったらね、トランプを説得してさ、赤道直下のツバルとかトンガっていう一番水位の上がっている、どんどんどんどん海に沈みつつある2つの国を見学に行ったらいいよ。安倍君が『パリ協定ってのがデマかどうかっていうのを目で確かめてみたらどうですか?』ていうくらいの提言はしてもらいたいな」とスケールの大きな提案を繰り広げた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)