柔道・大野将平が独特の練習方法と肉体美を披露!<東京 VICTORY>

柔道・大野将平が独特の練習方法と肉体美を披露!<東京 VICTORY>

7月20日放送の「東京 VICTORY」ゲストはリオデジャネイロ五輪柔道73kg級・金メダリストの大野将平選手(右から2番目)

7月20日(土)放送の「東京 VICTORY」(毎週土曜朝7:00-7:30、TBS系)に、柔道・大野将平選手が登場。

「東京 VICTORY」は、56年ぶりに日本で開催される2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指すトップアスリートをスタジオに招き、司会の安住紳一郎アナが本音を引き出すトーク番組。

選手たちの知られざる競技人生や、競技の魅力、プライベートが明かされていく。番組アシスタントは、2017年入社の山形純菜アナが務める。

「東京 VICTORY」第3回のスタジオゲスト・大野選手は、「2016年リオデジャネイロ五輪」柔道73kg級において日本男子柔道2大会ぶりの金メダルをもたらした実力の持ち主。

また、レジェンドゲストとしてレスリングで五輪3連覇を果たした“霊長類最強女子”吉田沙保里が登場し、安住アナと共に大野選手と柔道の魅力に迫る。

1964年の東京五輪から正式競技となった柔道は、男女共に7階級あるにもかかわらず選ばれる代表選手は1人ずつだった。

しかし、2020年の東京五輪からは新たに男女3人ずつでチームを組む「男女混合」も行われることになり、観戦の幅も広がったため、今まで以上に柔道への注目が集まっている。

大野選手は、73kg級で金メダルを目指すとともに「男女混合」での活躍も期待される。

番組では、子どもの頃は泣き虫だったという大野選手が、泣きながら試合に臨む貴重な映像を公開。

また、スタジオでは大野選手が実際に行っているという独特の練習方法と肉体美を披露し、安住アナと吉田も体感する。

さらに、中高一貫6年間の寮生活や恩師との出会いなど、トップアスリートへと変貌を遂げていく足跡をたどる。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)