山田裕貴、EXIT兼近のつらい過去に号泣!「自分のことのよう…」

山田裕貴、EXIT兼近のつらい過去に号泣!「自分のことのよう…」

EXIT・兼近のつらい過去に涙を見せた山田裕貴

山田裕貴が、7月18日(木)放送の特番「グサッとアカデミア」(夜7:00-8:54、日本テレビ系)の第6弾にゲスト出演。収録ではEXIT・兼近大樹の過去に涙する一幕もあったことが分かった。

今回は、林修が今話題の人気芸能人に仕掛ける「グサッとくる抜き打ちテスト」をテーマに展開。

林ならではの黒板を使って、芸能人の大問題に切り込む「グサッと講義」や、言葉や国語をテストするコーナーなどを実施する。

■ 山田裕貴、号泣の訳とは…

番組では、兼近の壮絶な“ビンボー時代”のエピソードをインタビュー。兼近は両親の離婚により、母とボロボロの家で貧しい生活をしていたと明かす。

母は仕事を昼夜掛け持ちして家計を支え、貧乏でも幸せに明るく振る舞っていたという。

さらに、野球に打ち込んだという兼近の学生時代や、働き始めたきっかけについて再現VTRで紹介。スタジオでは知られざる兼近のつらい過去や息子の母を思う姿に出演者たちが涙する。

山田も「自分のことのように泣いちゃいました」と号泣。父がプロ野球選手であることに触れ、野球をやっていた頃も芸能界に入ってからも、「プロ野球選手の息子なのに」「親のコネで芸能界入ったんだろ」など、いわれなき中傷に悩んだ過去を明かす。

また、林が人生初の仕掛け人に挑戦。「悪口を言っている相手が突然目の前に現れたらどんな言葉を返すか?」というテストのため、林が自ら壁に飾られたポスターの裏に潜み、お笑い芸人・EXITや水卜麻美アナウンサーにドッキリを仕掛ける。

雛形あきこもドッキリの仕掛け人に。夫婦円満の秘訣(ひけつ)として「お互いの気持ちを尊重することができるかどうか」を試すため、雛形が今流行のグレイヘアに髪の毛を染めて、夫・天野浩成の反応をうかがう。雛形のことが大好きなことで知られる天野だが、雛形の突然の変化にどういう言葉をかけるのか。

さらに、今ブレーク中の人気者たちに抜き打ち国語力テストを実施。ここでは人気アイドルにして現役大学生のSexy Zone・マリウス葉の天然ぶりがさく裂する。

ほか、Sexy Zone・菊池風磨、横澤夏子、りんごちゃんらが出演する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)