桜井玲香、結婚詐欺師役に「うそがバレないように表情筋をコントロールします」<Interview>

桜井玲香、結婚詐欺師役に「うそがバレないように表情筋をコントロールします」<Interview>

舞台「THE BANK ROBBERY!〜ダイヤモンド強奪大作戦〜」で結婚詐欺師を演じる乃木坂46・桜井玲香

乃木坂46の桜井玲香が、8月2日(金)より上演される舞台「THE BANK ROBBERY!〜ダイヤモンド強奪大作戦〜」に出演する。

本作は、2016年春にイギリス・ロンドンで開幕し、現在も上演中のコメディーの日本初上陸版。1958年のアメリカを舞台に、銀行からダイヤモンドを奪い出そうとするスリや脱獄囚たちのだまし、だまされ合いが展開する奇想天外な物語で、桜井は結婚詐欺師のカプリスを演じる。

ポスタービジュアル撮影の日に桜井を直撃し、初めて演じる役に触れた心境や作品への意気込み、舞台への思いなどを聞いた。

■ 衣装とヘアメークで役のイメージがプラスされました

──この衣装とヘアメークが結婚詐欺師のイメージなわけですね。

そうですね(笑)。今日、この格好をして「あ、こういう子なんだ」って、ちょっとイメージがプラスされました。

1950年代の設定なんですけど、この時代らしい独特なファッション。出演者に女子が少ないので、“華やかにいこう!”みたいな感じで、スタッフさんとキャピキャピしながら、ヘアメークしていただきました。昔の人はこの髪形を当たり前のようにやっていたんだから大変だね、なんて話をしていました。

──稽古もまだ始まっていないこの時期(※取材時)の心境はどんな感じですか。

一番ワクワクするかも知れないです。ほとんどまっさらで「どんな作品になるのかな?」っていう妄想だけがふくらんでいるこの期間は好きですね。

──コメディーはほぼ初めてですよね。

ここまでがっつりと、なのは初めてですね。今までは頭を悩ませながら、シリアスな作品が続いていたので。

乃木坂46メンバーのいない初めての舞台がSETで少しだけコメディーの経験はありますけど、あのときは客演だったので、今回は自分も一から参加して作っていくっていう点では責任重大だなと思います。

──せりふや動きの掛け合いがポイントになりそうな作品ですね。台本の文字で読むよりも、舞台化されたときのほうが圧倒的に面白そうな。

私もまだどういう感じになるのか想像がついていませんけど、誰が何をやっているのか分からなくなりそうなくらいのドタバタなコメディーですね。

せりふのやりとりが巧みな作品なので、逆に言葉に遊ばれすぎないようにしなきゃなとは思っています。そんな作品で皆さんを笑わせないといけないのは、ちょっと緊張していますね。

■ 手段は特殊だけど(笑)、幸せになりたいだけの普通の女の子です

──今回演じるカプリスという役の印象はいかがですか?

器用だなと思います。結婚詐欺のターゲットの男性3〜4人に、同時に3〜4本の電話をできちゃうの?とか。キャラ的には好きです。前回の舞台の「レベッカ」(2018年12月)のときは少し自信なさげな役だったんですけど、今回はパキパキした感じで楽しそうだなと思います。

──原嘉孝さんや元木聖也さんが演じる男性二人とは恋愛模様もあったり…?

あるようなないような、ないようなあるような…どうでしょうね(笑)。カプリスは男性の中に一人だけ混じって戦うという点では、男勝りな部分はあるんだろうなと思います。と同時に結婚詐欺師なので、女を武器にして男性の気持ちをもてあそぶっていう二面性もあって。

詐欺師のうそと本音っていう表と裏もあり、さっきも言ったようにせりふや動きが入り組んだ難しいコメディーなので、しっかり作り込んでいかなきゃと思っています。

──結婚詐欺師とは言え、決して悪女というわけではなさそうですね。小悪魔、くらいな?

小悪魔な部分や、格好良いクールな部分に加えて、普通の女の子として幸せになりたいだけなんだっていう、少女らしい部分も出してくださいって言われました。カプリスの基本はそこなんだろうなって思います。

──結婚詐欺という、幸せになるための手段が特殊なだけだと?

そうそう、特殊なだけ!(笑) 街全体がおかしな感じで、特殊な人ばかりなところもあるし。

──プレスリリースのコメントに「うそを付いているときが分かりやすいと言われるタイプ」と書いてありましたが、うそを付くことがあるんですか?

うそを付くというよりも、思っていることがすぐ顔に出るって、メンバーに言われます。「今、違うこと考えてたでしょ?」とか。しかも、それがだいたい当たっているんですよ。

今回はうそを顔に出してはいけない詐欺師の役なので、表情筋のコントロールをしなきゃって思います。作品のキャラクターじゃないと、結婚詐欺なんて無縁だと思うので、役になりきりたいですね。

──ミュージカルではありませんが、ちょっと歌もありそうですね?

歌に関しては…まぁ、あまり気負わずにやれたらと思っています(笑)。

■ アクションをやってみたいです、稽古期間さえいただければ!

──乃木坂46のメンバーの中でも、舞台出演は多い方になりますよね。

ありがたいですね。アイドルってかわいらしい部分やキラキラした部分を見せていくので、舞台で誰かを演じるとなると、それだけではない、いろんな部分も見せないといけない。怒ったり泣いたり、普段は見てもらえないような顔を出せるのは楽しいですね。

舞台は生ものなので、毎回お客さんの反応が変わるところもやっていて楽しいです。「今日のお客さん、全然笑ってくれない!」とか「え、ここで泣く?」とか、回によって反応が違うので。

──キャプテンを務めている乃木坂46の活動とはまた違って、舞台俳優の先輩方との共演は身を委ねて臨める部分もありますか?

他のメンバーと共演されている方も何人かいらして、いいお芝居をされることも分かっているので、そういうベテランの皆さんには乗っからせていただくつもりでいます。

同年代のキャストの方もいるので、刺激をもらいつつ、負けないように頑張りたいですね。

──今後、こんな舞台をやってみたいという願望はありますか?

えぇ、何だろう…。アクションはやってみたいですね。殺陣とか、ちゃんと稽古して。

──運動神経には自信あるほうですか?

ん〜、小学生のころは割りと良かったんですけど、今はどうかなぁ…いや、大丈夫です、稽古期間さえいただければ!

──今回の作品もアクションではないですが、運動神経は必要としそうですよね。

そうですねぇ。(イギリス版の)写真を見た限りでも、私にこの動きができるかなぁって…はいっ、頑張ります!(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

関連記事(外部サイト)