<なつぞら>福地桃子がファーストピッチセレモニーに登場!「じいちゃん、帰ってきたよ!」

<なつぞら>福地桃子がファーストピッチセレモニーに登場!「じいちゃん、帰ってきたよ!」

日本ハムファイターズのユニホームに身を包んだ福地桃子

放送中の連続テレビ小説「なつぞら」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合ほか)に出演している福地桃子が7月19日、北海道・札幌ドームにて行われた「北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズ」のファーストピッチセレモニーに登場した。

「なつぞら」は、戦争で両親を亡くし、きょうだいと離れて北海道・十勝で育ったヒロインの奥原なつ(広瀬すず)が、高校卒業後に上京し、アニメーターとしてみずみずしい感性を発揮していく姿を描く物語。

福地は、ヒロイン・なつが幼少期に引き取られた柴田家の長女・夕見子を演じており、自分なりの道を切り開いていくという役どころで、芯が強く、ストレートな物言いで人気を集めている。

第16週(7月15日〜7月20日[土])の放送は、夕見子が東京へ恋人の高山(須藤蓮)と駆け落ちし、なつらを困らせるという内容。19日の放送では、祖父の泰樹(草刈正雄)が北海道から夕見子を迎えに現れ、普段人に弱さを見せない夕見子が、泰樹の胸で涙するというシーンが放送された。

ファーストピッチセレモニーでは、ドームの大型ビジョンに夕見子の駆け落ちストーリーがダイジェストで紹介され、最後に泰樹からの「夕見子、はやく北海道に帰ってこい!」という呼び掛けの後、「じいちゃん、帰ってきたよ!」と福地が登場。

「なつぞら」とリンクしたような演出に、スタンドからは大きな歓声が起こった。

■ 福地桃子「次こそは!(笑)」

日ハムのユニホームに身を包み、人生初のマウンドに立った福地は、緊張しながらも美しいフォームで全力投球。しかし、その投球は惜しくもワンバウンド。

セレモニーを終えた福地は、「ファーストピッチが決まってから今日まで、時間があれば練習をしてきました。また機会をいただけるのなら、次こそは!(笑)」と夕見子さながらの負けん気を見せた。

また、福地は「『なつぞら』が“朝ドラ”100作目ということで、背番号100にしました。北海道に帰ってこられて、ドラマの世界と現実が重なって、とてもいい経験をさせていただきました 」と笑顔を見せた。

■ 第96話(7月20日[土]放送)あらすじ

なつたちの短編映画に、声を吹き込む作業が進められている。声優には咲太郎(岡田将生)の事務所から蘭子(鈴木杏樹)らが担当し、ついに作品が完成する。

仕事を終え、つかの間の休息として、東洋動画のメンバーでハイキングに行くことに。制作中は何度もぶつかった麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)も、一緒になってバレーボールをして笑い合う。そんな中、麻子はメンバーにある思いを打ち明ける。 (ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)