戦慄かなの、少年院で漢字検定準1級を取得「準1級は難しいよね」と名倉潤も驚き

戦慄かなの、少年院で漢字検定準1級を取得「準1級は難しいよね」と名倉潤も驚き

番組MCの名倉潤(ネプチューン)

7月18日深夜放送の「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)では、「人生180度激変した人SP」と第して、“少年院出身アイドル”・戦慄かなのが、自身が少年院へ行くことになった経緯を明かした。

育児放棄の母親のもと、妹を食べさせるため犯罪(万引き)に手を出してしまい、小・中学校では壮絶ないじめを経験。そのいじめでは彫刻刀を膝に刺され、「たまったもんじゃない」と学校の3階にある美術室の窓から飛び降り、骨折したこともあったという。

その後、戦慄は、ネットの掲示板で知った大学生が元締めをする窃盗集団に入るも、自分のミスから警察に捕まり元締めの大学生も逮捕。窃盗集団は解散となり、そこから抜けることができたと語る。そこから2年後、戦慄は再び犯罪に手を染めてしまう。女子高校生による“JKビジネス”全盛の時代、女の子に声をかけてスカウトし、自身は出会い系サイトでお客となる男性をリストアップ。女の子たちと男性の仲介役をやっていたという戦慄は「100円ショップのパンツを大量に買い込んで、女子高生たちに履かせて売っていた」と説明。

MCの河本準一(次長課長)から「それいくらになったの?」と聞かれると、戦慄は「8000円で売らせてました。それで手数料って言って4000円を取るっていうビジネスをしてました」と明かす。

これを1日平均25枚売り、約10万円稼いでいた戦慄は当時16歳。家にもほぼ帰らずJKビジネスに没頭していたという。あまりにも帰ってこない娘を心配して母親が捜索願を提出。警察に保護された際にJKビジネスが発覚し、少年院に送られることになった。

当初10カ月の更生プログラムだったが、戦慄は院内での素行の悪さから2年をそこで費やすことに。16歳からの貴重な2年を失うことになる戦慄は、同世代の子たちに置いていかれると言う焦りからこれまでの人生を180度激変させ、ある行動に出る。

「社会ではちゃんとしようと思って。このまま少年院を出られないという思いがあったので、資格の勉強したりとか」と戦慄が言うと、河本が「(資格は)何を取ったんですか?」と質問。

これに戦慄は「秘書検定とかワープロ検定、エクセルの資格、危険物取扱者っていうガソリンスタンドで持ってるといい資格とかいっぱい取りました」と言うと、河本が「漢字検定準1級、そろばん一級、高校卒業の資格(高卒認定)も取得した」と追加で紹介。これにはMCの名倉潤(ネプチューン)が「準1級なの?漢字検定の準1級って難しいよね」と驚く。

その後は大学に入り、アイドルをする傍ら「今年の1月にNPO法人を設立して代表理事として活動してます。育児放棄とか児童虐待。少年院の就労支援に繋げられる活動ができればと思います」と、自身の経験をもとに、同じ境遇の子たちを支えていきたいとコメントしていた。

次回の「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」は7月25日(日)深夜0:12より「人生が激変した美女&金持ちSP」を放送予定。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)