朝ドラ出演中の福地桃子、ほのぼのとした“素顔”が話題沸騰「一生見てられるな」「キャラがかわいい」

朝ドラ出演中の福地桃子、ほのぼのとした“素顔”が話題沸騰「一生見てられるな」「キャラがかわいい」

福地桃子、ほのぼのした“素顔”に話題沸騰「キャラがかわいいな」

連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合ほか)に出演中の女優・福地桃子が、7月19日放送の「沸騰ワード10」(日本テレビ系)に出演。JALのステータスポイント集めに取りつかれたサバンナの高橋茂雄と共にステータスポイントを貯める「ステータス修行」第3弾を行い、天真らんまんな素顔が話題を集めている。

ステータスポイントとは、飛行機の搭乗回数によって貯められるポイント。JALの場合ポイント数によって下から、クリスタル(1年以内に搭乗回数30回)、サファイア(同・50回)、最上級のダイヤモンド(同・120回)へとランクアップし、ランクに応じて優先窓口でのチェックインやラウンジの無料利用など、VIP待遇を受けることができる。

前回の第2弾でサファイアのステータスを獲得した高橋は、そのステータスを利用して、一般とは別ルートの搭乗手続きを。そこには高級感ある絨毯が敷いてあり、「私なんかが乗っていいんでしょうか」とサファイアに到達していない福地は謙虚な様子で同行した。

今回の「ステータス修行」はステータスポイントを稼ぎつつ、全国の空港の絶品寿司を堪能する「空港寿司完全制覇の旅」ということで、2人はその土地ごとに食べられるおいしい寿司ネタを堪能していった。

■ おいしい寿司をモグモグ

羽田空港から1時間半のフライトを経て到着したのは、大分空港。滞在可能時間20分の中、2人が向かった寿司店は、瀬戸内や九州近海で取れた新鮮な魚を取りそろえる知る人ぞ知る名店「すし処 宙(そら)」。

日本中の空港や駅に詳しい石原良純も絶賛したという絶品寿司が食べられる店で、「城下かれい」を食べた高橋は「この身の弾力! 抜群ですね」と絶賛していた。

その他、北陸の玄関口・小松空港(石川)では、金沢名物のどぐろを軽く炙ったぜいたくな「のどぐろ棒鮨」と「ふぐ棒鮨」をテイクアウト。

羽田空港では「羽田寿司幸」の「キスの昆布締め」や生の椎茸を焼いて寿司にした椎茸の寿司を堪能した。

さらに、5フライト目で向かった松山空港(愛媛)では、幻の寿司ネタ「スマガツオ」を食べ、伊丹空港(大阪国際空港)では2019年3月にリニューアルオープンされた最新ラウンジで夜景を眺めながらビールで乾杯し、ステータス修行の旅は幕を閉じた。

ぜいたくな旅を満喫した福地は「今度は自分でサファイアを取った時に高橋さんにごちそうしたいと思います」と語った。

2人のほっこりとしたステータス修行に、視聴者からは「高橋茂雄と福地桃子ちゃんのステータス修行一生見てられるな」「ステータス修行見るの好き。サバンナ高橋さん&福地桃子さんの2人のコンビは、嫌味無くていい感じ」「福地桃子ちゃんかわいい〜なつぞらのゆみが大好きで大好きで!声が澄んでて素敵な女優さん!」「福地桃子ちゃんキャラがかわいいな」「福地桃子ちゃん、ゆみこのときと正反対なんだあ!笑 かわいいなあ」など、「なつぞら」ではややツンツンした役を好演している福地に絶賛の声が寄せられている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)