キンプリが横アリ公演で“王子様の二面性”を表現! さらに新曲も披露

キンプリが横アリ公演で“王子様の二面性”を表現! さらに新曲も披露

メンバーの間で流行っている「ガッチ(グァッチ)ポーズ」を決めるKing&Prince

King&Princeのデビュー後2度目のコンサートとなる「CONCERT TOUR 2019」が神奈川・横浜アリーナで行われた。会場では、4thシングル「koi-wazurai」(8月28日発売)に加えて、34曲が披露された。さらに、横浜アリーナではファンを前にライブテーマやこれからの活動などについて会見が行われた。その内容をダイジェストで紹介する。

――デビュー2年目、2回目のツアーが始まりましたね。

神宮寺勇太「始まりましたねー」

永瀬廉「“秒”でしたね。ホンマに楽しい時間はあっという間やなと思いました」

――今回のライブのテーマは?

平野紫耀「ちょっとお恥ずかしいんですけど、“王子様の二面性”です。キラキラした王子様と、上品で大人っぽいセクシーな王子も見せられたらなということで、工夫されたセットとか、ステージでも二面性を表現しています」

神宮寺「それと今回、お花もテーマになっていて。(ツアーロゴのイラストは)みんなの誕生花がモチーフなんですよ。コンサートにも結構お花を使った演出が盛り込まれていますね」

――このお花は誰が考えたんですか?

高橋海人「あ、僕が…」

平野「うちの先生が」

永瀬「漫画家が」

――画伯!(ファンも拍手)

高橋「いやいやいや。(イラストの)こだわりは、リアルに描きたくなくて。コンサートのロゴになるし、ファンの女性の皆さんが手に取っていただけるようにちょっと可愛く描きました。あとは、みんなの花の絵の中に隠れてハートを描いたんです」

神宮寺「小さいハートが入ってるんだよね?」

高橋「はい。そこはメンバー愛ということで」

――今日はたくさん着てらっしゃいますよね?

平野「うれしいです。初日とかは着てる人が少なくて、ちょっとダサかったのかな?って(笑)。みんなで不安になってたんですけど、(横浜会場の)最終日が近付くにつれ、みなさんが着てくれて本当に安心感というか。うれしさがあります」

――ということは、この後ツアーを回れば回るほど、どんどん増えていくってことですかね?

平野「最終的にはみなさんのTシャツですからね! 僕らも(コンサートの)衣装じゃなくて、ずっと(グッズの)Tシャツでいますかね」

永瀬「今のうちに工場に発注かけとかないと間に合わないかもしれないです(笑)」

――今回のツアーは準備段階からかなり力を入れてたそうで。

平野「そうですね。自分たちでも少しずつアイデアを出したり、提案をさせていただきました。ただ僕たちだけだと力不足なところがあるので、嵐の松本潤くんにもアドバイスをいただきながらこのコンサートを作りました」

――どんなことを松本くんに言われました?

平野「潤くんはすごいですよ。細かいことだったり、そもそものコンサートの臨み方についてとか。そういう基本のところから教わることになりました」

永瀬「すごい面倒を見ていただいてるよね」

――演出面では、(衣装を)バッと脱いだところもよかったですよね?

全員「ありがとうございます!」

――モニターで見ていると岸くんがムキッとしていて。

岸優太「バレました?(笑) ちょっと、タンパクのほうを摂るようにして」

永瀬「タンパク(笑)」

平野「すごいもんね、岸くん。リハーサルのときからずっとサバみたいなやつ食ってるんですもん。一人で」

岸「言うなよー(笑)。…そうですね。チキンだったり、1日に相当摂りました。この日のために。高タンパクパワーはもう、オープニングから出させていただきました」

――今回のツアー以降の目標をお願いします!

永瀬「リーダー!」

岸「これはデビュー当初からみんなで目指している目標ですけど、やっぱり“世界”。いつかは行ってみたいっていうのがあります。そういうところでも戦っていけるような技術や話術をつけて、魅了させたいですね。夢はでっかく持ちたいです!」

――ファンにメッセージをお願いします。

神宮寺「誰が言うの? 誰が言うの?」

――平野くん?

平野「オレか〜(笑)。分かりました!」

――永瀬くんかな? どっち?

平野「あ、じゃあ廉に任せてください(笑)」

永瀬「じゃあ僕が話させていただきます。僕ら今は5人で活動していますけど、まだ、パズルのピースがひとつ欠けている状態です。でも今、僕たちがこのライブを守って、いつでも(岩橋)玄樹が帰ってこられる環境を整えつつ、6人揃ったときのパワーを改めて皆さんに感じていただけるように。僕ら、今回のツアー全力で大成功させます!!」(ザテレビジョン・取材・文=川倉由起子)

関連記事(外部サイト)