日向坂46、関東勢vs.関西勢たこ焼き論争「それはあり得へん!」

日向坂46、関東勢vs.関西勢たこ焼き論争「それはあり得へん!」

千葉出身のキャプテン佐々木久美

7月22日深夜に放送された「全力! 日向坂46バラエティー HINABINGO!2」(日本テレビ)で、「小籔チームvs久美チーム 全力! 浴衣で夏バトル」が行われ、たこ焼きの好みを巡って関西勢と関東勢で違いがはっきり分かれる場面があった。

地方出身の小籔千豊チームと関東出身の佐々木久美チームにメンバーが分かれて対決、勝利したチームには夏にちなんだプレゼントがもらえるという今回の企画。

夏祭りで好きな屋台を番組MC小籔から聞かれたメンバーは、ベビーカステラやりんご飴、チョコバナナと答えるも、小籔は「誰かが『たこ焼き』言うたらたこ焼き焼こうと思ったんですけど、みんながそこまで好きじゃないみたいなので、やめます!」と言ってご機嫌斜めに。

するとメンバー一同「えー!」と声を上げ、すぐに「大好きです!」とアピール。大阪出身の小坂菜緒が「大好きです、もちろん」、奈良出身の東村芽依が「めっちゃ好きです」と言うと、小籔は「ほなやろか」と機嫌を取り戻し、たこ焼き器と具材が登場した。

小籔が「(たこ焼き焼くの)上手なのは誰?焼いたことあるか?うまいこと焼けるやつ?」と聞くと、加藤史帆が「(佐々木)久美、うまいです」と推薦。

佐々木久美も「私実家でめっちゃたこ焼きパーティーしてました、家族で。毎週ぐらいです」と主張。小籔チームからは「めっちゃ(大阪の)家で焼いてました」と小坂が明かし、また、大阪出身の高瀬愛奈も「家に(たこ焼き器)ありました、もちろん」と語り、佐々木久美と小坂、高瀬が焼き担当となり調理がスタートした。

「(生地が)サラサラ、めっちゃ」と言って佐々木久美が焼き器に生地を流すと、小籔が「サラサラの方がおいしいけど、ひっくり返すの難しいぞ」と助言。

埼玉出身の金村美玖が「カリカリの方が好きです」とたこ焼きの好みを明かすと、高瀬が「え?カリカリあんま好きじゃない」と言い、小坂も「カリカリとかあり得へん!」と関西勢はこれを否定。小籔も「カッチカチのやつ?うわっ!それはあかんわ!」と嫌がり、関東勢との好みの違いがはっきり現れた。

また、埼玉出身の丹生明里が「外がカリカリで、中がふわふわなんですよ」と発言し、金村も「(外が)揚げてあるみたいな感じが好きです」と伝えるが、高瀬が「それでたこ焼き好きとか言ってんのは、ほんまにあり得へん!」とバッサリ切り捨て、笑いを誘っていた。

ネット上では「浴衣姿のメンバーたまらんなぁ」「小坂菜緒の関西弁好き」「ちゃんにぶが美少女」「河田陽菜の山口弁かわいい」「言うてますけどw」など大きな注目を集めていた。

次回の「全力! 日向坂46バラエティー HINABINGO!2」は、7月29日(月)深夜放送。「日向坂46がお店をスタートアップ?」と題して、メンバーが夢の新規事業を実演プレゼンする予定。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)