塚地武雅、東京03との思い出を懐古「僕のおごりで旅行するの、何年やってました?」

塚地武雅、東京03との思い出を懐古「僕のおごりで旅行するの、何年やってました?」

若手時代から変わらず仲良し! 東京03&塚地武雅のニコニコショット

NHKラジオ第1にて毎週木曜に放送中の「東京03の好きにさせるかッ!」(夜8:05-8:55)。8月1日(木)の放送では、ゲストにドランクドラゴンの塚地武雅を迎える。

塚地は、東京03とコント「いい説教・悪い説教」で共演。ゾフィーの上田航平が執筆した同コントで塚地が演じるのは、上司や先輩の“説教”を☆の数で評価している新入社員。部長(角田晃広)の古過ぎる“説教”に落胆するという役柄だ。

そして、トークテーマは“説教”。同じ人力舎に所属し、デビューしたころからお互いをよく知る仲。東京03と塚地は、自身の過去の失敗談や、後輩に思わず説教してしまったエピソードなどの話題で盛り上がる。

収録を終えた4人に、今回の感想を聞いた。

■ 塚っちゃんには安心感しかないよね

――収録はいかがでしたか?

飯塚悟志(以下、飯塚):まず、コントの台本が面白くて。ゾフィーの上田君っていう現役の芸人さんが、このラジオのために書き下ろしてくれたんですけど、それってすごいことだなって思うんです。

塚っちゃん(塚地)も来てくれて、さらにおもしろくなったと思います。

――上田さんに書き下ろしをお願いしたのは飯塚さんだとか。

飯塚:そうなんです。僕はゾフィーがもともと好きだったので、ダメ元で聞いてみたら書いてくれることになりました。

――トークでは、この4人だと緊張感がないっていうお話もされてましたね。

豊本明長(以下、豊本):塚っちゃんには安心感しかないよね。もう…助かります! 僕、塚っちゃんの顔を見ると安心するんで。

飯塚:緊張感なかったですね〜。こんなに緊張しない回ないですよ。

角田:僕もですね、2人(飯塚、豊本)よりは塚っちゃんとの歴史は浅いんですけど…。

飯塚:俺らとも全然壁あるからね。

角田:いや、東京03で16年やってるから、そんな壁ないよ。

塚地:そう思わさないのがすごいですね〜。

角田:うっそ、思わせられてないの!?(笑) でも、まぁ塚っちゃんと一緒にやれるって本当にうれしいし、楽しかったですよ。

――塚地さんはいかがでしたか?

塚地:飯塚さん豊本さんは、アルファルファ時代にライブも一緒にやってましたし、なんか懐かしかったです。それぞれの言い回しとか間とか、「あ、こんな感じやった!」って思ったりして心地よくて、でもちょっと異物感が…。

角田:誰が異物感だよ! 異物扱いするんじゃないよ!

塚地:角田さんはなんか違うな〜(笑)。始まりから見てきた東京03に入れてもらうっていうのも心地よかったですね。ライブもいつも見に行かしてもらってる唯一のトリオかもしれないです。地方にも見に行ったことありますし。…もう東京04ですかね?

飯塚:…過言ではないね。

■ 番組的に重要な1本になったのではないかと思います

――塚地さんはラジオでコントをする機会もあまりないですよね。

塚地:そうですね。だから今回は本当に楽しかったです。お客さんが目の前にいないですし、立って動いてやるわけでもないので、どういう間で、どういうスピードでやるかということは意識するようにしていました。でも、コントを聞いてみたら心地よかったですね。

番組的に重要な1本になったのではないかと思います。なんか、記憶に残らずサッと流れていく1本もあるじゃないですか?

飯塚:ねぇよ!(笑) 全部ちゃんとやってるわ!

塚地:いや、その中で総集編では絶対に流れるであろう重要な1本になったと思いますね。

飯塚:でも確かに、本当に塚っちゃんは面白いから、どんどんコントをやっていってほしいですね…ドランクドラゴンでやるのはしんどいのかもしれないけど(笑)。

――ユニットコントはいつぶりになるんですか?

飯塚:(東京03のコントライブ)「FROLIC A HOLIC」のときに、日替わりゲストで出てもらったことはありますけど、がっつりやるのは久々だよね。

塚地:東京ヌード(ドランクドラゴン、豊本・飯塚[アルファルファ]、おぎやはぎからなるユニットコント)以来ですよね。角田さんとは初めてかな…?

飯塚:俺らも(角田と)3回目くらいで…。

角田:なんで3回目なんだよ! 16年!

塚地:そう思わせないな〜!

角田:思ってくれよ(笑)。

飯塚:いや、おぎやはぎがベストライブを集めたDVDを出す時に、東京ヌードをやったんです。昔はアルファルファとしてやってましたが、そのときはすでに東京03だったので角ちゃんも参加して。昔、俺がやってた役を角ちゃんがやったんですけど、大事なせりふで大きいミスをしてね。

角田:昼公演と夜公演の2回チャンスがあったんですけど、昼、夜の同じところでミスした。

飯塚:これがまたややこしいのが、「パッション武道書き」っていうパッションで書道をする架空の競技名を、角ちゃんが「パッション舞踏会」で言っちゃったんです(笑)。もともと聞き慣れない単語なので、お客さんもどっちが正解か分かんなくなっちゃうという。

塚地:まぁ、舞踏会やとパッションで踊りそうやしね。

角田:(笑)。それこそ、異物感丸出しでした。ひどかったです。

──そんなミスがDVDに収録されてしまったんですね…その時に皆さんは角田さんに“説教”はされなかったんですか?

飯塚:あの時は、盛り上がりましたね。

塚地:説教というよりはね、みんな「うわ〜またやった〜!」って(笑)。

──盛り上がったんですか(笑)。皆さんは、あまり人に説教するタイプではないんでしょうか。

飯塚:なんかうれしくなっちゃいます。特にユニットライブでは。3人でのコントで、あまりにひどいことがあると、さすがに言いますけどね。

――それでも若手時代にはもっと血気盛んな時期もあったのかなと思うんですが、お互いに説教したくなるような出来事はありましたか?

飯塚:塚っちゃんに!? ないない。俺ら3人は塚っちゃんにお世話になっていますからね。

塚地:本当ですよ〜。僕のおごりで3人を旅行に連れていくの、何年やっていました? (東京03の方が)先輩なんですよ!

飯塚:ひょんなことから(笑)。そういう流れになりましたね。俺らは全然食えない時代だったので、塚っちゃんに全部(お金を)出していただきました。

塚地:そうそう。なんやったら、自販機のジュースの前で『塚っちゃん、これいいかな』って言われて。『ジュースまで!?』みたいな(笑)。

――それは…怒らなかったんですか?

飯塚:そう。全然怒らないの。

豊本:でも、最終的に「財布をちょっと触るぐらいはやってくださいよ!」って爆発した瞬間はあったね(笑)。「出すは出しますからー!」って。

塚地:あった(笑)。僕がお金なくなって、「銀行に下ろしに行ってきますわ」って言ったら、「分かった」って…誰もついてこないんですよ!

角田:その姿をね、見送ったことを非常に覚えている。

塚地:しかも、当時18KINという後輩芸人がいたんですけど、旅行の前日くらいに飯塚さんが僕との飲み会に連れてきて、「2人も(旅行に)くればいいじゃん」って誘ってて! 出すの俺やのに!

飯塚:2人も本当に来るっていう(笑)。でも出してくれたんです。俺らの方が先輩なのに、すごいですよね。

■ タモリさんとか、絶対にいいこと言いそうじゃない?

――コントで塚地さんは角田さんに説教される役柄でしたが、怒られてみてどんな気持ちになりましたか?

飯塚:どんな質問だよ(笑)。

塚地:いやでも…ひどい説教だなと思いました(笑)。このコント、「自分も角田さんみたいな説教しちゃってるかも」って人に響く感じありますよね。上司の人たちが、このコントを聞いた次の日から怒り方を改める可能性があるかも。

…時代を変える、革命的なコントになるのではないでしょうか(笑)。笑いこそしないけど。

飯塚:いや、なんないでしょ! 笑ってほしいよ。

――塚地さん演じる「説教を評価する新入社員」。実際にいそうな気もするんですが、皆さんの目の前にそういう人が現れたら、どう思いますか?

塚地:ない話じゃないですよね、特にお笑いの世界とかは。僕らも後輩の芸人を説教した後に、別の現場でその後輩が「あの人こんな説教してましたよ!」とかってクスクス笑われているかもしれませんし。僕らもしてきましたしね。

飯塚:だから、説教なんて怖くてできないよね。それこそ、将来有望な後輩が僕が説教したことによって良くなって、売れました! っていうのが一番理想的じゃないですか。

塚地:確かに。「あの一言が」みたいなね。

飯塚:でも、説教した後輩が全く売れなくて、むしろ「なんであの時怒られたんだろう?」って思われちゃったら、何もいいことないよ。

角田:労力分、損しちゃうね。

塚地:下手したら恨まれちゃったりするしね。

飯塚:そう! それを想像すると怖くて、誰も怒れない。

よっぽど面白くて好きな後輩とかには、ちょっとしたアドバイスとかするかもしれないけど、今後も説教はしないと思いますね。

――ちなみに、皆さんが説教されたら逆にうれしくなっちゃう人はいますか?

塚地:憧れてる人に言われたら何でもうれしい。

飯塚:山ほどいますね! タモリさんとか、絶対にいいこと言いそうじゃない?

塚地:「え、そんな角度から!」っていう、普通の説教じゃないことを言ってくれそうですね。

角田:説教の感じ出さなそう。ポロっと言いそうだね。聞きたい!

飯塚:内村(光良)さんもね。

塚地:内村さんは「LIFE!」で一緒だけど、全然説教しない。

飯塚:俺は昔、内村さんの舞台で共演させてもらった時に、「ここはアドリブでもいい」っていうところがあって、内村さんはそこを毎回変えてやってほしかったんだって。でも、俺は練習で試してよかったパターンでやって、結構置きにいっちゃったの。そしたらそれがすごい嫌だったらしくて、まぁまぁ怒られた(笑)。「あそこ何でもいいから変えてほしかった」って言われたんですよね。

塚地:え〜珍しいね。

飯塚:よっぽど嫌だったのかな(笑)。でもその後に、僕らのコントライブの追加公演のゲストに出てくださったんですよ。本当に尊敬する先輩です。

――今回は説教がテーマでしたが、今後塚地さんが出るとしたらどんなテーマでやりたいですか?

飯塚:何でもできるからね塚っちゃんは、部下でも上司でも。だから、いっぱい来ていただいて、いろんな設定でやりたいですね。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)