<初耳学>「自信がない」「見栄っ張り」ともう一つは?“借金する人の3つの特徴”に視聴者「納得!!」

<初耳学>「自信がない」「見栄っ張り」ともう一つは?“借金する人の3つの特徴”に視聴者「納得!!」

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

8月11日放送の「林先生の初耳学」(TBS系)に、大人気漫画『闇金ウシジマくん』の著者・真鍋昌平氏が登場。貧困層の現実をテーマに、リアルすぎる情報交換を行った。

■ 債務者・金融業者1,000人以上に取材

林がこの1カ月で気になった本の作者に直接取材し、3分間に凝縮して授業する「3分でわかる!林先生のベストセラー学」。その2回目となるこの日は、累計1,700万部を売り上げた人気漫画『闇金ウシジマくん』(小学館)を取り上げた。

著者・真鍋氏のもとを訪ねた林。「かなりシビアな現実が描かれてると思うんですが、あれは実話ですか?」と尋ねると、真鍋氏は「たくさん取材させていただいてて、それをミックスしてマンガにしています」と返答。連載開始から今年完結を迎えるまでの15年間、真鍋氏は債務者や金融業者あわせて1,000人以上を自ら取材してきたという。

林から“借金する人の特徴”を聞かれた真鍋氏は、豊富な取材を踏まえ「やっぱり“自信がない”・“見栄っ張り”・“実行しない”。この3つですかね。口だけで言うけど結局実行しない人っていると思うんです。そういう感じの人が多かったイメージありますね」と振り返った。

■ 借金する人は“歯がない”!?

そこからさらに闇金融のリアルに踏み込んだ林。「漫画を読んでいると、債務者は歯がない人が多い印象があります」と指摘すると、真鍋氏は「(取材した債務者は)歯がないとか、歯が欠けてるとか、そういうところに無頓着な人が多いなと思った」とうなずいた。

この返答に、林も思い当たることがあった様子。「僕が行っている歯医者さんの話によると、子どもで治療していない虫歯が5本以上あると、虐待を疑うという状況みたいです」と、社会問題と“歯”の意外な関係に言及した。実際、歯科医が歯の状況から育児放棄や虐待を見つける動きも現実に行われているという。

林が「実際に借金から抜け出す人は?」と問いかけると、真鍋氏からは「現実ではあまり見たことがない」とショッキングな返答も…。2時間に及んだ真鍋氏への取材を踏まえ、林は「この本には(借金生活への)転落のメカニズムが描かれている」「どっかで自分につながるんじゃないかという人は、これを読むことでどうしたら転落しないですむかを読み取ることができる」と『闇金ウシジマくん』シリーズが読者を引きつける理由を分析した。

借金の現実をめぐる真鍋氏と林のやりとりは、視聴者の心にも深く刺さったよう。SNSでは「ウシジマくんの作者、語っていることがリアル。さすが」「借金する人の特徴『実行しない』ってそれ納得!!心にとどめておかなくては」「借金する人は歯がないってホントそうだと思う」といった反響の声が多数上がったほか、林が語った“虫歯が5本以上で虐待を疑う”という実態にも「すごい勉強になる」「歯って大切なんだなぁ」といった感嘆の声が上がっていた。

8月18日の「林先生の初耳学」では、林がベストセラー『読みたいことを、書けばいい。』の著者・田中泰延に会いに行くほか、<アンミカ先生のパリコレ学2>では冨永愛が学院生たちにウォーキング指導を行う。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)