グラドル犬童美乃梨、浴衣姿を披露「しっとりとしたシーンも」

グラドル犬童美乃梨、浴衣姿を披露「しっとりとしたシーンも」

犬童美乃梨がDVD&Blu-ray発売イベントに出席

グラビアアイドルの犬童美乃梨が、13枚目となるDVD&Blu-ray「教えて、みのりん!」(ラインコミュニケーションズ)発売記念イベントに出席。作品の見どころの他、自身のトレーニングについて語った。

今作では“家庭教師”を演じた犬童。とはいえ“和装”もあるとのことで「割と和服も好きなので、普段そこまで浴衣を着ることはないんですが。今回はしっとりとしたシーンもあって、夏はお祭りとかも多いので、浴衣を着たいなと思います」と笑顔で明かした。

また“制服姿”もあるようで「そこもオススメです!あんな高校生時代だったらなと。回想シーンなんですけど、放課後一緒に歩いて帰って、部活がどうとか、彼と話しているんですが…すごく憧れるシーンですね、今でも」と撮影を振り返った。

そんな制服のシーンだが、実はハプニングもあったとか。「制服のシーンは外で撮っていたので、すっごく見られましたね(笑)。めちゃめちゃ見られました(笑)。公園の中心で撮っていたんですけど、結構ヒヤヒヤしながら撮ってましたね(笑)。

高校卒業してから…今、25歳になったので制服を着ることもないので(笑)、ちょっと恥ずかしい部分はありました」と照れ笑いを浮かべた。

犬童といえば、7月に行われた「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」で、「カップルモデル」「ビューティーフィットネスモデル」の二冠に輝いたことでも知られる。

「周りの方々に助けられてなかったらここまでこられなかったと思います。でも、自分の負けず嫌いさとか気の強さとか…自分が負けず嫌いでよかったなと(笑)。

小さい頃からいろいろ習い事をやらせてもらっていたので、それがつながったのかなと思います。(トレーニングは)大変というよりは、勉強にもなりましたし、自分にプラスでしかない期間だったので、毎日楽しかったです。朝は7時からトレーニングをやっていたので、そこだけは眠過ぎて朝はツラいなとは思ったんですけど、トレーニングをしていてキツいとかツラいとかはなく、楽しんでやっていました」と、当時を思い返していた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)