草なぎ剛、懐かしの“ハレンチ”コーナーを振り返る「よくそんなことやってましたね」

草なぎ剛、懐かしの“ハレンチ”コーナーを振り返る「よくそんなことやってましたね」

草なぎ剛がかつてのコーナーを回想

8月18日放送のラジオ番組「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)で、香取慎吾と草なぎ剛が、ラジオ番組での過去のコーナーを振り返り、「今思えば、よくそんなことやってましたね」と懐かしむ一幕があった。

14歳のリスナーからの、学校で体操着に着替える時に図書室を使うはずが、鍵がかかっていたので廊下で着替えたことが何回もあるというお便りを紹介した草なぎ。

「学校の体育着に着替える時あったなぁ。確かに思春期ですし。なかなかドキドキしますよね、着替える方もね。廊下で鍵かかってて、誰が来るか分かんないけど着替えちゃおうみたいな。たまたま通りかかったらどうするんでしょうね。『キャー』ってなるんでしょうかね」とコメントすると、香取も「14歳はね…ほら14歳の女の子っていったら、それこそ体の成長も(ある)」とリスナーの心境に寄り添った。

続けて「でも、この番組は本当にハレンチだったよね」と切り出すと、草なぎも「昔は『エロロケ姫』っていうのがあったね、即興でやってましたから。おパンティーがとかね」と過去のコーナーを振り返った。

「いやーもうそんなレベルじゃないよ」という香取に、「そのままの感じでやってましたよ(笑)」と草なぎ。「知らない人からしたら、きっとびっくりするぐらいのラジオでしたね」と香取が当時の様子を伝えた。

コーナーの内容も少しずつ変化があったといい、草なぎは「ちょっとずつ PTAの方がうるさくなってきたのかな(笑)。PTA会長が、ちょっとこのラジオは『けしからんぞ』って感じで、『自由にやり過ぎだぞ!』っていう感じで」と想像を膨らませた。

香取が「なんでそうなったんでしょうかね?」と聞くと、「少しずつ少しずつコンプライアンスって言うんですかね」と草なぎが分析。

香取は「自分たちから控えようって感じはなかったですね。いつのまにか気付けば控える形になっていた感じですよね」と振り返り、草なぎが「生放送とかでもやってましたからね。今思えば、よくそんなことやってましたね」と懐かしんでいた。

SNS上では「昔の放送聞きたい」「家族がいる場所では聞けなかったことを思い出した」などの声が寄せられていた。「ShinTsuyo POWER SPLASH」は毎週日曜夜7時から放送。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)