「全米オープンテニス」の見どころを松岡修造が解説! 錦織圭選手の優勝に不可欠な“3つの要素”とは?

「全米オープンテニス」の見どころを松岡修造が解説! 錦織圭選手の優勝に不可欠な“3つの要素”とは?

8月26日(月)より開幕する「全米オープンテニス」の見どころを解説した松岡修造

テニスの2019年シーズン最後のグランドスラム大会となる「全米オープンテニス」が、8月26日(現地時間)よりアメリカ・ニューヨークにて開幕。同大会の模様を、WOWOWにて独占生中継する。

「全豪オープン」「全仏オープン」「ウィンブルドン選手権」と共に、テニスの四大大会“グランドスラム”として知られる「全米オープンテニス」。

グランドスラムの中でも最もエンターテインメント性の高い大会として知られており、大音量のBGMと共に華やかにショーアップされるなど、まさに “テニスのお祭り”と言える大会だ。

大会を前に、日本テニス協会強化副本部長でWOWOWテニス解説者の松岡修造が、活躍が期待される錦織圭、大坂なおみを中心に、大会の見どころについて語った。

■ 男子シングルス展望 錦織圭初の四大大会制覇なるか?

まず男子シングルスには、今季の全豪とウィンブルドンの2つのグランドスラムを制したノバク・ジョコビッチ(セルビア)、全仏で12度目の優勝を果たしたラファエル・ナダル(スペイン)が顔を揃え、38歳にして今もランキングトップ3を維持するロジャー・フェデラー(スイス)も出場。

全仏準優勝のドミニク・ティーム(オーストリア)、昨年のNitto ATPファイナルズで優勝した若手の筆頭といえるアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)や、強烈なフォアハンドを武器にするステファノス・チチパス(ギリシャ)らも、初のグランドスラム優勝を狙っている。

そんなライバルたちに挑む錦織圭は、昨年のウィンブルドン以来、グランドスラムでは5大会連続でベスト8入りを果たすなど、抜群の安定感を誇る。今回の全米オープンでは、念願のグランドスラム初優勝を虎視眈々と狙っている。

今季の錦織について、松岡も「今季はものすごく安定感があります。(8月13日時点で)世界ランキング5位にいるということは称賛されるべきだと思います」と調子の良さを感じている様子。

一方で、「安定感はあるけど、『ビッグネームに当たると勝てない』というイメージを持っている人も多いと思います。また、錦織選手の中にもそういった思いがあるのではないでしょうか。

『ベスト8までは入れるが、ジョコビッチ、ナダル、フェデラーという“ビッグ3”には勝てない』と自分で想像してしまうのです。その想像を打ち消すことが、さらに上に行くには必要です」と語る。

■ 錦織優勝のカギは「体力、集中力、自分を信じる心」

錦織にとって、全米オープンは相性のいい大会。 2014年にはジョコビッチらを破り準優勝。2016年もアンディ・マレー(イギリス)を退けて4強入りを果たし、そして昨年も準々決勝で宿敵マリン・チリッチ(クロアチア)を破りベスト4入りした。だが、優勝を狙うには“ビッグ3”を倒す必要がある。

松岡は「ビック3に勝つには、まずは『相手が100%でないこと』です。トップ選手でも常に100%でプレーすることはありません。ただ、錦織選手のほうは100に近い状態で臨むことが必要です。

例えば、ウィンブルドンのフェデラー戦の第1セットは100でした。その状態をいかに維持するかが重要になります」と、まずは自身のコンディションを上げることの必要性を強調。

さらに「その100に近い状態を出す条件は、まずは体力、2番目が集中力。そして3番目が『自分はできる』と信じること。この3つがすべて揃わないと、1人に勝つことはできても、2人は無理だと思います。優勝するにはやはりこの100%の状態が欠かせません」と、心身の充実が優勝の条件だと明かした。

■ ことしの“ビッグ3”は難攻不落?

だが、松岡はそのビッグ3も今が最も脂が乗っていると指摘。「ビッグ3はさらに進化しているのです。錦織選手と対戦したウィンブルドンのフェデラーは、間違いなく全盛期よりもうまくなっています。

ジョコビッチはより攻撃的になり、ナダルもネットプレーをするようになりました。しかも、ビッグ3はみんなよく走る。これは人間を超えていますね。とにかく彼らは今が一番いいテニスをしているのです」と、今期の充実ぶりに言及。

一方で松岡は、「本来であれば、ティーム、ズベレフなどがすでに世界一になっていなければいけない。ティームはコーチが代わってプレーに安定感が出てきたし、攻めもバラエティ豊かになっている。

ズベレフもパワーがあるし脚力も強い。しかし彼らはビッグ3にはなかなか勝てない。もっと自信を持って、主導権を持ったテニスをしてほしい」と若手選手に対して奮起を促した。

■ 女子シングルス展望 ことしの大坂も「ゼロか100か」!?

女子シングルスでは、昨年の全米オープンで日本人プレーヤーとして初のグランドスラムを制し、さらに1月の全豪オープンも優勝した大坂なおみに大きな注目が集まる。だが、グランドスラム2大会連続制覇をいう偉業を成し遂げた彼女も、今季の中盤以降は思ったようなプレーができていない様子。

松岡も「全米、全豪で優勝したときに比べて、テニスの質、レベルは相当落ちていると思います。特に走らされた時に我慢できなくなっています。その原因はやはりメンタル面です。

コーチが代わり、周りの環境も代わり、マスコミから追いかけられる立場になった。人生で一番辛い時期だったと思います。なので、プレーしていても、大坂選手からは心の底から燃えるものをなかなか感じ取れません」と心配する。

昨年、全米オープンでの大坂の優勝確率を「ゼロか100か」と占った松岡は、ことしも「もしかしたら1回戦負けもあるかもしれません。一方で、優勝もあるかもしれません」と再び大胆に予想。

「それは大坂なおみというのは特別な選手だからです。ほかの誰よりもパワーを持っていて、ハマったときは本当に強いです。彼女に今言いたいのは、小さく収まるなということです。

彼女の良さは粗削りなところ。そんな彼女からとてつもなくすごいショットが生まれるのです。吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、今はそれでいいと思います。とにかくもっと大胆さを出してほしいですね」とエールを送った。

■ 群雄割拠の女子シングルスは「誰が勝ってもおかしくない」

今季の女子シングルスグランドスラムは、全豪は大坂が、全仏はアシュリー・バーティ(オーストラリア)が、そしてウィンブルドンはシモナ・ハレプ(ルーマニア)が制した。

松岡は今の女子テニス界を「誰が勝ってもおかしくはない混戦状態」と分析。そして「誰でもシンデレラになれる状況です。ですから、見ている方はとても面白いのです」と、今大会がテニスファンこそ楽しめることを強調した。

そんな中で、松岡は2人の注目選手をピックアップ。1人はセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)。「セリーナは、昨年の借りを返すために優勝しか狙っていません。彼女はメンタルが全然違う。そして37歳になった彼女のプレーは世界中に勇気を与えています」と語る。

もう1人は、弱冠15歳のコリ・ガウフ(アメリカ)。ことしのウィンブルドン1回戦で、ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)を破り4回戦まで進出した彼女に、松岡は「メンタルのタフさがすごい。きっとセリーナのようになる」と太鼓判を押した。

■ 日本人選手たちは“テニスのお祭り”を味方に!

全米オープンは、約2万3000人収容のセンターコート「アーサー・アッシュ・スタジアム」のみならず、2018年からはルイ・アームストロング・スタジアムでもナイトセッションを実施。お祭りのような熱気が期間中スタジアムを覆っている。

松岡は「会場から出てくるエンターテインメントのエネルギーをどうやって自分に注入するか。それが活躍できるかどうかのポイントでもあります。昨年の大坂選手は、それを注入したのです」と、会場の雰囲気をどう味方につけるかも重要だと明かす。

日本人選手は錦織と大坂だけでなく、西岡良仁、土居美咲が本選に出場予定。また、ダブルスにはマクラクラン勉、青山修子、二宮真琴、車いすシングルスでは国枝慎吾と上地結衣も出場予定している。

果たして、錦織は今大会で悲願のグランドスラム初制覇となるのか。また、大坂は全米連覇を達成できるのか。今季最後のグランドスラムの行方を、期待を込めて見守ろう。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)