乃木坂46が“メガネダンス”&“傘ダンス”披露! 2曲のMV一挙公開

乃木坂46が“メガネダンス”&“傘ダンス”披露! 2曲のMV一挙公開

乃木坂46が2曲のミュージックビデオを一挙公開した

乃木坂46が9月4日(水)にリリースする24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」に、初回仕様限定盤Type-BのC/W曲として収録される4期生メンバー曲「図書室の君へ」と、初回仕様限定盤Type-DのC/W曲として収録されるアンダーメンバー曲「〜Do my best〜じゃ意味はない」のミュージックビデオが、8月22日に2曲一挙に公開された。

7月中旬に千葉県内のスタジオにて撮影された「図書室の君へ」のMVは、メガネというものを知らない女の子たちが、視力が落ち、初めてメガネを掛ける金川紗耶をきっかけに、クラスの間で急にメガネブームがやってくるという内容。

視力検査用の小道具などは全てオリジナルで用意したものだそうで、「このメンバーがどうしてこれで視力検査をしているのか?」ということを考えるのも楽しめそうだ。

またダンスに関しては、今回のMV用に“メガネ振り付け”が考案され、このMVでしか見られない“メガネダンス”が見どころになる。

なお、本MVはこれまでも数多くのMVを手掛け、乃木坂46では「のような存在」「空扉」「トキトキメキメキ」のMVや個人PVを手掛けている伊藤衆人監督が指揮を執っている。

■ 「〜Do my best〜じゃ意味はない」の見どころ

そして7月中旬に東京都内のスタジオで撮影された「〜Do my best〜じゃ意味はない」は、晴・曇・雨・雪などの天候の変化と、人間の気持ちの変化をリンクさせたMVとなっている。

スタジオ内で実際に雨や雪を降らせたことで、フォーメーションの立ち位置によっては濡れるメンバーと濡れないメンバーがおり、現場ではそれぞれが「助からない」「無事だった」など、安全確認をしながら撮影していたというエピソードも。

またダンスに関しては、今回のMV用に傘を使用した“傘ダンス”が見どころなっている。

本作を手掛けたのは23rdシングル「Sing Out!」収録のアンダーメンバー曲「滑走路」のMVを担当し、今作が2回目となるビジュアルプロダクション・maxilla。

両作品とも、このMVでしか見られない“オリジナルダンス”が話題を呼びそうだ。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)