℃-ute、五輪メダルの重さにたまらず絶叫!!

℃-ute、五輪メダルの重さにたまらず絶叫!!

女子レスリング日本代表のメダリストらがサプライズで登場。私服姿の選手らは℃-uteに負けず、とってもキュート!?

先月解散を発表したアイドルグループ・℃-uteが昨日、日本武道館にて『℃-ute12年目突入記念 〜℃-Fes!Part1 9月5日も℃-uteの日 at日本武道館〜』を開催した。

その会場に、リオ五輪女子レスリングメダリストの吉田沙保里選手、伊調馨選手、登坂絵莉選手がサプライズゲストとして登場。今回の共演は、℃-uteが歌う日本レスリング協会公認応援ソング「嵐を起こすんだ Exciting Fight!」や選手団賛歌「ありがとう 〜無限のエール〜」が縁で実現した。リーダーの矢島舞美は「テレビで見た人たちが目の前にいる」と汗をかきながら大興奮。吉田らからメダルが手渡されると、その重さにメンバーらは絶叫した。

来年にグループの解散を発表した℃-uteは、これまでリリースした全シングル曲を歌い上げ、アンコールを含めた全43曲を披露。今までのコンサートで全楽曲が歌われたことはなく、今回が初の試み。MCで、岡井千聖は曲中の立ち位置を間違えたことをメンバーに暴露。「12年経っても私はあまり変わってないなぁ〜」と自虐ネタで会場に笑いを誘った。なお、楽曲は事前にファン投票が行われており、1位は「Kiss me 愛してる(2011年2月23日リリース)」が選ばれた。

10月からはコンサートツアーが予定されており、℃-uteは来年の6月に実施するさいたまスーパーアリーナ公演まで全力で活動に取り組む。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)