塚田僚一がお年玉に冷や汗? ジャニーズ新作舞台「―オールスターズ・アイランド」解禁

塚田僚一がお年玉に冷や汗? ジャニーズ新作舞台「―オールスターズ・アイランド」解禁

総勢21名がひとりずつ、意気込みを熱く語った

ジャニー喜多川が作・構成・演出を務める最新舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」(2016年12月3日〜2017年1月24日、東京・帝国劇場)が発表され、出演者のうち、Kis-My-Ft2・玉森裕太、Sexy Zone・佐藤勝利、A.B.C-Z・戸塚祥太、塚田僚一ら21名が製作発表に登壇した。

会見では本作のキャッチコピーにちなみ、“宇宙からの手紙”と称したジャニー氏からのメッセージを発表。第1部と第3部の内容しか出演者には知らされていないことが明かされた。謎の“第2部”のサプライズ感に、内博貴は「こういうこともよくありますから…」、平野紫耀は「僕はけっこう、こういうのハラハラしますね」と反応はさまざま。「宇宙から手紙が届いたと思ったら…毛ガニだった?」(岸優太)、「季節的にもおいしく食べられそうだよね!」(塚田僚一)と、大喜利のごとく第2部の内容を勝手に想像するひと幕も。

人気グループ総出演、“全員が主役”を謳う新作だけに、若手メンバーは早くもライバル心がちらほら。HiHi Jet・猪狩蒼弥は「キスマイにだけはローラースケートで負けません!」と玉森を前に堂々宣言し、Travis Japan・森田美勇人は「ギラギラ行きたい。ライバルはやっぱり、パフォーマンスが力強いSnowMan」とアピール。そんな中、玉森裕太は「負けないものは(仕事が終わって)帰る速さですかね。楽屋に帰って1分以内に出ていきます」、佐藤は「ライバルはジャニーさんですかね(笑)」と先輩の余裕を見せていた。

玉森と藤ヶ谷太輔は12月、戸塚と塚田は1月の公演に出演。最後に後輩たちへのお年玉はどうするか聞かれた塚田は「あっ…」とフリーズ。「今から12月公演に替えてもらいます! 家賃が払えなくなるからです!」と、爆笑をさらっていた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)