竹内涼真、後輩にツッコミ「何してんですかいつも!!」

竹内涼真、後輩にツッコミ「何してんですかいつも!!」

「男子旅」取材会に出席した矢野聖人、竹内涼真、福山康平(写真左から)

10月9日(日)からDlifeで始まるオリジナル番組「男子旅」(毎週日曜夜11:55-0:55)の取材会が行われ、初回に出演する矢野聖人、竹内涼真、福山康平が出席。愛媛・今治から広島・尾道を旅した感想などを語った。

――旅の感想、印象に残っている思い出などお聞かせください。

矢野:僕はやっぱり海ですね。プライベートで海に行ったことないんで、今回はプライベートではないですけど、素に近い感じで行ったのが初めてで。イルカと遊ぶみたいなのももちろん初めてだったので、ちょっと海が好きになりました(笑)。この3人だったらプライベートでも行きたいですね。

竹内:僕はしまなみ海道の橋から見た海のきれいさ…あと一番はイルカですね。イルカと泳いだこと。イルカと泳げるって普通はないし。イルカが泳ぐ施設の先生たちがすごく丁寧に教えてくれて、僕らより全然年下なんですけど、それに僕は感動しました。

福山:自転車に乗っているときが長くて、乗りながらインカムで話したして仲が深まったと思うので、そういう旅のスタイルが楽しかったですね。

――逆に一番キツかったなというのはどの辺りでしょうか?

矢野:僕はそうですね、上り坂は大変でしたね。でもその坂を上り切った後に何かしらイベントが待っていたので、つらいけどそのために頑張ったところはありました。一人だったら上れないなというのもありましたね。

竹内:…ないですね! 上り坂は要所要所でキツいのはありましたけど楽しかったです! 上り坂を思いっ切り上っているのも楽しかったですね。

福山:僕は2日目最後のちょっと前くらいですね。2日分の疲労と、やっとここまで来たかという感じで。でも最後を乗り切って楽しく終われたので、その最後の前、一番キツかったですね。ただ特別そんなにつらいというわけではないですよ、終始楽しかったので。

――今回の3人の接点というのは、これまであったのでしょうか?

矢野:チーフマネジャーが一緒なんですよ。事務所(ホリプロ)以外でも会ったこともありますし、涼真は誕生日を祝ったこともありますし。康平は地元も隣なんですよ。地元の後輩みたいな感じですね。そういう共通点は僕はありますね。

竹内:初めて(福山が)事務所に来た時に会いましたね。

福山:僕が初めて事務所に行った時に涼真くんが取材で来ていて…印象深いですね。

竹内:同じ作品に出たことはないんですよ。ただ事務所内でやる演技のレッスンだったりワークショップだったりでは一緒で。だから初対面感みたいなものはなかったですね。

矢野:旅してみて、この3人で本当によかった。

――旅を通して印象が変わった人はいますか?

竹内:矢野くんのテンションがすっごく上がった瞬間って見たことがなかったので、海行った時とかすごくテンション上がって(笑)。

矢野:そういうふうに思われていたんだね(笑)。

福山:僕もそう思ってました。普段の佇まいからは想像できない人懐っこさみたいなところを知らなかったので、一緒に旅できてよかったなと。

竹内:あと意外に(矢野は)汗かかない。女優さんみたいでしたね(笑)。

矢野:オンエア見てもらえれば分かると思うんですけど、たぶん二人は汗かいているんですけど、僕は顔に汗かかないんです。日焼けもしなかったね。変だったね。でも、康平だって割と中身がおじさんみたいだったね。“あたりめ”ばっかり食べたりとか、髪の毛切りに行ったことないとか、美容院行ったことないとか…。

福山:ずっと丸刈りだったので、美容院とか行く機会がなくて、床屋さんくらいで済むかなと。

矢野:(福山は)服買ったことない…広島風お好み焼き食べたことない…。

竹内:じゃあ何してんですかいつも!!

福山:…そういう話をしながらの旅でした(笑)。

竹内:それから(福山は)ちょっとまだ恥ずかしがり屋な部分があって。

福山:結構根本にある部分…。

矢野:「かわいい顔してください」とか、「変顔してください」とかあったんですよロケ中に。でも照れちゃってね。

福山:1日目の最後に変顔してくださいって言われて、「変顔か…」と思って、でもできてないって。その後、夜中ホテルに帰って30分鏡の前で一人で変顔の練習をしてました(笑)。

――ドラマや映画とは違うフィールドでのお仕事ですが、衝撃的だったことなどありましたか?

矢野:食リポ? 最初に食べる時に(カメラに)寄られるんですよ。1回見せてから食べなきゃいけない。それって普段芝居している時には絶対にないんですよね。(カメラは)言うのを待っているんですよね。感想を言うのを待っているんです。でもそんなのやったことないんで。それは緊張しましたね。

竹内:最初「おいしい!」ってリアクションして、次に誰かが何か言ってくれるんじゃないかなって期待はあるんですよ。

矢野:康平にはちょっと問題あったんですよ。タコを口に入れた瞬間おいしいって…。

福山:食感がびっくりしたんですよ。さっきまで生きていたタコだったんで。それを焼いて食べたんですけど、かめなくて。普段のタコだと思って食べたら。「わっ!」ってびっくりしたのを涼真くんが見ていて、「おまえそれわざとやっただろ?」って…。

竹内:わざとっていうか、味わってからおいしいじゃないですか。それがすぐに「おいしい!」みたいな。

――では最後に番組のアピールをお願いします。

竹内:本当にみんな自然体で、汗をめっちゃダラダラかきながら、お好み焼きの時も、七輪で焼いている時も食べているんで、そういう素な感じも面白いんですよ。

バーベキューの時も夜なのにすごいみんな汗かいて…なんか男3人のきれいな汗が見える。

あとは自転車に“GoPro(ウェアラブルカメラ)”が付いていて、自転車をこいでいる時の顔って分からないんですけど、そこの素の部分とか意外と面白いと思います。

「いやぁ、気持ちいい!!」って言っている割にはすごい顔がキツそうだったりとかしている人もいると思うんですよね。めっちゃ盛り上げているけど、顔と気持ちはどっか行っているみたいな…そういう素の部分も面白いと思います。

あといろいろパワースポットとかも行っているんで。天気も良くて海の色もきれいだし、何も不運なこともなく、けがもなく、いい旅でした。ぜひご覧ください。

■「男子旅」…若手俳優「仲間3人組」が週替わりで全国各地を旅するDlifeオリジナル初の旅番組。ロードバイクや車などで“神宿る処”を目指し、“ホンキに遊ぶ”旅バラエティー。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)