小説家・真山仁、テレビドラマ初出演で玉木宏を裁く!

小説家・真山仁、テレビドラマ初出演で玉木宏を裁く!

SPドラマ「巨悪は眠らせない―」で主演の玉木宏とドラマ共演を果たした原作者の真山仁(写真中央)

10月5日(水)に放送されるドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」(夜9:00-11:08、テレビ東京系)に、原作者・真山仁が出演することが分かった。

本ドラマは、真山が作家生活10周年記念第一弾として発表した、社会派長編小説「売国」を映像化。東京地検特捜部の正義、宇宙開発の夢、そしてその裏に潜む巨悪を壮大なスケールで描く社会派ドラマだ。

真山が今回演じたのは、玉木宏演じる主人公の気鋭の検事・冨永真一を法廷で見守る裁判長役。真山がテレビドラマに出演するのは初のこと。

さらに、出演シーンは、冨永(玉木)が、東京地検特捜部に抜てきされるきっかけとなった、世間が注目する幼児誘拐事件裁判の裁判長という不可欠なシーンでの登場。

撮影を終えた真山は「自分のミスで流れを止めてはならないと、ドラマに入ろうと必死でした。しかも、緊迫した裁判のクライマックス。せりふは一言なのですが、そこまでが辛くて…」と、重厚な物語を書いた小説家とは思えない、しかしチャーミングさも垣間見えるコメント。

また、辛い思い出ばかりではなかったようで、「裁判官の気分を体感できたことで、裁判官を主人公にして小説が書けるかもなどと不遜なことも思っておりました」と不敵な笑みを浮かべていた。

この記事の続きを読む