NMB48須藤凜々花の“ゆる過ぎる”冠番組が2年目に突入

NMB48須藤凜々花の“ゆる過ぎる”冠番組が2年目に突入

NMB48・須藤凜々花の冠番組が2年目に突入

NMB48の須藤凜々花が麻雀に挑戦するバラエティ「NMB48須藤凜々花の麻雀ガチバトル! りりぽんのトップ目とったんで!」(CS放送のTBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画)が2年目に突入。同番組では須藤が秋元康と直接対局することを最終目標として、毎回さまざまな芸能人と対局する。

2年目を迎えることについて須藤は「正直、ここまで続くとは思っていなかったです(笑)! 麻雀番組なのにゆるすぎると不安でしたが、逆に軽い気持ちで見られる麻雀番組ってあまりないからよかったのかも。ゲームももちろんですが、麻雀を通して展開するトークにも注目して見てください!! ムツゴロウ先輩(畑正憲)がめちゃくちゃ強いという話を聞いたので、いつか対局してみたいです!」とコメント。

9〜10月放送回には、同メンバーの三田麻央、矢倉楓子、林萌々香も出演する。

準レギュラーとして登場している三田は「この1年一緒にいて、凜々花が成長していくのが分かってうれしいかぎり。私もプライベートでゲームの麻雀をするようになりましたが、これからも凜々花のバックアップができればいいですね」と応援。

須藤が負けると、一緒に出演している他のNMB48メンバーも罰ゲームをすることになるのも見どころ。矢倉は「彼女が負けたら罰ゲームがあるんですけど、それを受けるのが先輩だってことを頭に入れながら責任もって頑張ってもらいたいですね(笑)」とプレッシャーをかける一幕も。林は初心者だが「いずれはメンバーみんなでやってみたいですね」と麻雀の面白さに目覚めた様子だった。

この記事の続きを読む