松ケン、菜々緒の入浴シーンに「うちの子もくぎ付け!」

松ケン、菜々緒の入浴シーンに「うちの子もくぎ付け!」

キャスト陣が持つのは、それぞれの役名が入ったちょうちん。監督は初回放送日をアピール!

9月17日(土)よりWOWOWプライムにて放送が始まる「連続ドラマW ふたがしら2」の完成披露試写会が行われ、松山ケンイチ、早乙女太一、成宮寛貴、菜々緒らメインキャスト陣と、入江悠監督が登壇した。

本作はオノ・ナツメの同名漫画を原作に、盗賊一味の活躍を描いた痛快時代劇。昨年放送された第1弾では、松山演じる弁蔵と早乙女演じる宗次の2人の盗賊が、自分たちの一味「壱師」を築くところまでが描かれた。

続編の制作を強く望んでいたという松山は「弁蔵と宗次が『壱師』になってその後どうなっていくのか、どうしても体験したいと思っていました。(続編を作りたいと)ずっと言い続けていたので、今回それが実現して、皆さまには感謝してもしきれないほどです」とあいさつ。

また、菜々緒演じるおこんとの濃厚なお色気シーンを撮影した成宮が「入江監督から“首の角度はこうで、体の角度はこうで…”と指示を受けているうちに、顔と体があべこべになってしまって」と話すと、菜々緒も「カメラの位置を気にしながらの演技だったので、難しいところもありました。美しいシーンになっているので、楽しみにしていただければ」と続けた。

撮影現場では常に笑いが絶えなかったそうで、「誰が一番足が上がるか」を競っていた際、早乙女の体があまりに硬く、皆で大爆笑したというエピソードも明かされた。

そんな早乙女は「殺陣のシーンでは撮影を始めて2時間ほどで限界を迎えて、自分でも死んでしまうんじゃないかなと思うほど、朦朧(もうろう)としながらやっていました」とコメント。

それを受け、松山が「ナイフのような前蹴りをするのにね。すごい立ち回りをするのに、どうしてあんなに足が上がらないんだろう」と話し、会場の爆笑を誘った。

最後に見どころを聞かれた松山は「入江監督は菜々緒ちゃんに、すんげー力を入れています! 特に、前作にもあった入浴シーン。完成したものを昨日家で見ていたんですけども、ゲームをしていた子供もくぎ付けになっていました」と魅力を力説すると、菜々緒は照れを隠せぬ様子ではにかんでいた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)