織田裕二の貴族キャラ! ドラマ評論家がキャスト解説

織田裕二の貴族キャラ! ドラマ評論家がキャスト解説

熱血男の織田裕二がIQ246の貴族に

秋ドラマの主要キャストをドラマ解説者・木村隆志、ドラマ評論家・成馬零一、ドラマライター・小田慶子が解説

■ 熱い男・織田裕二のイメージを変える、貴族キャラに期待!

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」10月16日(日)スタート毎週日夜9:00-9:54 TBS系

「踊る大捜査線」の青島役の熱いイメージとは真逆の貴族の末裔、IQ246の天才を演じる織田裕二。「演じたことがないキャラ」と語るだけに注目したい。一方、正義感が強い猪突猛進型の刑事に土屋太鳳、人格者で身体能力の高い執事にディーン・フジオカ、風変わりな美人監察医に中谷美紀とイメージ通りの豪華キャストで固めた。「大先輩として兄貴として胸をお借りしたい」と話すディーンと織田の掛け合いも見もの。(木村)

■ 一般的でない職種を石原がどう演じるか

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」10月5日(水)スタート毎週水夜10:00-11:00 日本テレビ系

映画「シン・ゴジラ」(公開中)で演じた米国大統領のバイリンガル役で好評を博した石原さとみ。「失恋ショコラティエ」('14年フジ系)のような月9のラブストーリーで、女子力の高い王道ヒロインを演じてきた石原だが、今回彼女が演じるのは仕事に打ち込むオシャレ女子。校閲という一般的には知られていない仕事をどう演じるのか楽しみだ(成馬)。

■ コメディエンヌ・新垣の真骨頂なるか!

「逃げるは恥だが役に立つ」10月11日(火)スタート毎週火夜10:00-10:54 TBS系

「リーガルハイ」('12年ほ  かフジ系)以降、コメディエンヌとしての魅力を開花し、20代後半になって、ますますかわいくなってきたガッキ−。過去には「らんま1/2」ではヒロインの天道あかねを演じるなど、多様な役柄を演じ分けてきた。今作で演じるのは、仕事として結婚することになった無職で彼氏のいない女性。脚本を担当した野木亜紀子とは「空飛ぶ広報室」('13年TBS系)、「掟上今日子―」に続いて3度目で息もバッチリ。(成馬)

■ 吉田と共演歴がない女優陣との組み合わせは鮮度が高い!

「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」10月11日(火)スタート毎週火夜9:00-9:54 フジ系

凛としたキャラを演じることの多い吉田羊だが、ここまで正義感が強く、トラウマを抱える役は珍しい。患者の命を救うべく奮闘する姿は「コウノドリ」で演じた助産師役に近いが、「原因不明の病気に挑む」今作の方がシリアスで、気の強い女性の役が定着した相武紗季とのぶつかり合いは見応え十分。すいせいのごとく現れた吉岡里帆や医師役の経験が豊富な伊藤蘭など、吉田と共演歴のない組み合わせは鮮度が高い。(木村)

■ 米倉を引き立てる名脇役に注目!!

「ドクターX〜外科医・大門未知子」10月13日(木)スタート毎週木夜9:00-9:54テレビ朝日系

強くてカッコいい女を演じ続けてきた米倉涼子。代表作は何といっても「ドクターX―」('12年ほかテレビ朝日系)の大門未知子だろう。そんな「ドクターX」の最新作がついに登場。シングルマザーの女医役の内田有紀とオネェ言葉で大門を病院へ紹介する役を演じる岸部一徳といったレギュラー陣も引き続き登板するため「失敗しない」こと間違いなし。(成馬)

■ 玉木VS高嶋の戦いが見どころ

「キャリア~掟破りの警察署長~」10月9日(日)スタート毎週日夜9:00-9:54フジ系

「あさが来た」で、ひょうひょうとしているが優しく妻を支えるだんな様を演じた玉木宏。今作でも、ひょうひょうとした性格で、自ら街に出て事件を解決する平成版・遠山の金さん。そんな玉木と対立するのは高嶋が演じるベテラン刑事。「リーガルハイ」('12年ほかフジ系)を手掛けた石川淳一が緩急ある関係で楽しませてくれるはず。(成馬)

■ 個性派俳優・沢村の奇妙な設定に注目

「レンタル救世主」

10月9日(日)スタート毎週日曜夜10:30-11:25日本テレビ系

奇抜な設定を演じきれるのは、セクスィー部長の沢村一樹しかいない。「ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜」('12年日本テレビ系)で親子を演じた志田未来とは再共演。「ようこそ、わが家へ」('15年フジ系)で善人か悪人か分からない元カレを演じた藤井流星が、目立ちたがりのはじけた男を演じるのは楽しみ。(小田)

■ コメディーセンスの連鎖に期待!!

「コック警部の晩餐会」10月19日(水)スタート毎週水夜0:10-0:40ほかTBSほか

見どころは、連続テレビ小説「あさが来た」('15年〜'16年NHK総合ほか)の「白蛇はん」が記憶に新しい若き演技派・柄本佑に、ドラマ初挑戦の小島瑠璃子がどう絡んでいくか。クセの強いキャラは柄本の十八番だけに、小島は強みである間の良さを発揮したい。ライバル役のえなりかずきも含め全員が初共演だが、コメディーセンスがシンクロしそう。(木村)

■ 水谷&反町のクセ者らしさを堪能

「相棒 season15」10月12日(水)スタート毎週水夜9:00-9:54テレビ朝日系

水谷豊と反町隆史のコンビは意外に相性良し。どちらもクセ者らしさがあるし、2人とも歌手活動の経験があってテレビ的に映えるベタな演技が、見ていて楽しい。冠城亘は初めての警察官ではない相棒だったが、このシーズンでやはり警察官に!? この変更は右京とのコンビを今後も長続きさせるための伏線と見た。(小田)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)