山崎賢人、多彩な表情を収めた2017年カレンダー発売

山崎賢人、多彩な表情を収めた2017年カレンダー発売

通常版のカバーは山崎自身がセレクトしたお気に入りの写真を使用

放送中の月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)や映画「四月は君の嘘」(公開中)などに出演する人気俳優・山崎賢人の最新撮り下ろしSHOTを堪能できる「山崎賢人2017年カレンダー」(KADOKAWA)が11月25日(金)に発売される。

昨年、連続テレビ小説「まれ」(NHK総合ほか)を皮切りに、ドラマ「デスノート」(日本テレビ系)」、映画「orange−オレンジ−」など話題作に次々と出演。同年日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、大ブレークを果たした山崎。その勢いはことしも健在で、「好きな人が―」では超一流ながら毒舌家でツンデレな若きカリスマシェフ・夏向を演じ、全国の女性ファンを魅了。映画「オオカミ少女と黒王子」(’16年)では、最強にドSだがピンチには手を差し伸べる二面性を持った“黒王子”恭也を好演、「四月は君の嘘」では高校生天才ピアニスト・公生を演じ、クランクイン半年前からピアノを猛特訓。初挑戦にも関わらず持ち前の集中力とセンスを生かし、本編では見事な演奏を披露している。

人気と実力を兼ね備えた俳優・山崎の今を完全撮り下ろしで切り取ったのが、今回のカレンダー。デスクにも置きやすい大きめ卓上タイプで、写真をしっかり堪能できる。衣装は充実の全7ポーズで、ラフな雰囲気のナチュラルなカットから、カラーフィルターも駆使し原色が美しい非日常カットまでバラエティー豊か。キュートなスマイルからクールな横顔まで、くるくると変わる旬な俳優の多彩な表情が収められている。

さらに今回は通常版に加え、Amazon.co.jp限定豪華特典も。Amazonから購入の場合に限り手帳などにも挟める写真つきミニカレンダーが封入されるほか、表紙カットも通常版とは雰囲気の違うAmazon.co.jp限定カバーver.を用意。

23歳を迎える‘17年も、福田雄一監督とタッグを組む映画「斉木楠雄のΨ難」、累計150万部の人気コミックが原作の純愛映画「一週間フレンズ」と、注目の主演作が控える。急成長を続ける山崎の“今”を留めた卓上カレンダーを携えて、新たな年を迎えよう!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)