早乙女太一、撮影現場で成宮寛貴の意外な一面を目撃!

早乙女太一、撮影現場で成宮寛貴の意外な一面を目撃!

松山ケンイチ主演「ふたがしら2」の見どころや撮影エピソードを語った早乙女太一

WOWOWプライムでは、9月17日(土)より松山ケンイチ主演の「連続ドラマW ふたがしら2」(毎週土曜夜10:00-11:00)を放送する。

放送に先駆けて前作に続き主人公・弁蔵(松山)の相棒・宗次役で出演する早乙女太一が、ドラマの見どころや撮影の裏話を明かした。

本ドラマは、オノ・ナツメの漫画をドラマ化した第2弾。前作では豪放な性格の弁蔵(松山)とクールな色男・宗次(早乙女)が盗賊・赤目を飛び出し、盗賊同士のだまし合いを繰り広げながら、新たに「壱師」を築くまでのストーリーを描いた。シーズン2では壱師を築いた後の弁蔵&宗次の成長が描かれる。

――再び宗次を演じる心境を教えてください。

壱師を築いてから半年後ということで宗次にも背負うものができ、若い衆からは憧れられる存在になりました。若さゆえにまだ背伸びをしているところもありつつ、成長していく点で、前作を引き継ぎつつ変化も楽しめました。

――宗次というキャラクターは早乙女さんご自身と共通点がありますか?

宗次には弁蔵という互いを成長させてくれる相棒がいて、うらやましいなと思います。似ている点では、僕が劇団(朱雀)を離れて個人で活動し、映像作品に挑戦していったことと、宗次が壱師の頭首になり、勝負していくための “初めの一歩”を踏み出すというのは重なる部分があるかもしれません。その一歩はとても重たい一歩ですし、互いにまだ若造なので弱さが出てしまう点も通ずるものがあります。

――松山さんとの再共演はいかがでしたか?

映像作品におけるお芝居の作り方にとても精通されている人です。柔軟で振り幅もある方なので、胸を借りるつもりで「やってみたい」と思ったことはぶつけてみました。気を使わない空気を作ってもらって、キャストや入江悠監督と相談してせりふを増やしたシーンもありました。前作以上に一緒に作ることができたかなと思います。

――甚三郎役の成宮寛貴さんとのエピソードはありますか?

演技では、成宮さんと対峙(たいじ)すると、こっちが飲み込まれてしまいそうな空気がありました。現場では謎な部分もあって、成宮さんが先にスタジオを後にする日があったのですが、「ニャニャニャニャニャーン!」と僕に声を掛けて帰っていきました(笑)。また別の日には、スタジオで「ニャニャー!」と言いながら自転車に乗っていたこともあります…(笑)。役柄とはかけ離れていて思わず「かわいい」と思いました。

――おこん役の菜々緒さんはどのような方ですか?

今回、花魁姿のシーンがあるのですが、めちゃめちゃキレイでした。その一方で男らしい部分もあって、撮影の合間にキャストたちで物まね大会が始まったりすると全力で何でもやってくれました(笑)。

――最後に見どころを教えてください。

中島かずきさんの台本が、面白いしまっすぐなエネルギーがあふれています。演じる人もエネルギッシュで、そこに格好いい音楽がストレートに響いてきて、キメキメに仕上がっています。大森南朋さんの危険な色気や迫力も見逃せません。楽しんでいただきたいです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)