新川優愛があのアスリートに「写真を撮ってください」

新川優愛があのアスリートに「写真を撮ってください」

「あのアスリートを一流にした劇的スイッチ」にリオ五輪で活躍した大野将平選手(右)、水谷隼選手(左)、福原愛選手(左から2番目)が出演

9月18日(日)のフジテレビ系“日曜ファミリア”枠では、「あのアスリートを一流にした劇的スイッチ!」(夜7:00-8:54)を放送。サッカー男子日本代表・柏木陽介選手やバレーボール男子日本代表・石川祐希選手ら日本のトップアスリートを一流にした“劇的スイッチ”に迫る。

MCを林修、アシスタントを新川優愛が務め、スタジオにはリオ五輪で活躍した大野将平選手(柔道)、水谷隼選手(卓球)、福原愛選手(卓球)が登場。さらに林は、北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平選手に独占取材を行う。

収録終了後、林と新川の囲み取材が行われると、林は「本当に一流のアスリートの方ばかりで、皆さん『その場をどう支配すればいいか』ということへの勘がいいんですよね。単に運動ができるだけじゃなくて、いろんな気配を察して自分のやるべきことを上手にやられている。素晴らしい方ばかりでした」と収録を振り返った。

一方、新川は「私はリオデジャネイロオリンピックの前から女子卓球をよく見ていたんですが、このお仕事を始めてから初めてお仕事で一緒になった方に『写真を撮ってください』って、福原選手に言いました」とエピソードを明かした。

また、大谷選手にインタビューした林は「優秀な頭脳を持っているから、野球選手として突き抜けた存在になれたんだなと思います。異次元ですね」と、大谷選手の印象を語った。

そして、番組の見どころを「トップアスリートが変わった瞬間には、私たちのような普通に暮らしている人のヒントになるものがたくさんあると思います。この番組を見ていただくことが、視聴者の皆さんの“劇的スイッチ”になりえると思います」(林)、「スポーツを習った経験がない私でも、すごく感動して刺激を受けたので、視聴者の方にも何か感じていただける部分があると思います」とアピールした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)