アニメ“ラブライブ!”新作第11話、離れて気付く?

アニメ“ラブライブ!”新作第11話、離れて気付く?

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の第11話『友情ヨーソロー』を、場面カットとあらすじで振り返る!

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」(毎週土曜夜10:30-11:00ほか)の第11話『友情ヨーソロー』を、場面カットとあらすじで振り返る。

本作は、静岡・沼津を舞台に、9人の少女が“スクールアイドル”として奮闘し、成長する姿を描く。浦の星女学院の2年生・高海千歌は、春休みに訪れた東京で偶然目にしたμ'sに憧れる。自らもスクールアイドルになることを決意した千歌は、メンバー集めを開始。輝きを目指して立ち上がった女子高生たちの青春学園ドラマがここから始まる!

【第11話『友情ヨーソロー』】

自分の大切なものに答えを出すため、ひとり東京のピアノコンクールへと向かう梨子。残った8人は、引き続き「ラブライブ!」予選へ向けた特訓に精を出す。練習中、欠けた梨子のポジションの代役として曜が抜てきされ、千歌と合わせて踊るも、どうしてもうまくいかない。そして練習後、東京の梨子からの電話に、うれしそうにはしゃぐ千歌を見て、曜は自分でもうまく説明できない複雑な感情を抱く。そんな曜の心に気が付いた鞠莉は、鞠莉らしいやり方で曜の本音を引き出すのだった…。

なお、第12話はTOKYO MXでは9月17日(土)夜10時30分より放送となっている。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)