アニメ“甘稲”第11話、初めてのほっこりクレープ!

アニメ“甘稲”第11話、初めてのほっこりクレープ!

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「甘々と稲妻」の第11話『おゆうぎ会とさつまいもクレープ』を、場面カットとあらすじで振り返る!

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「甘々と稲妻」(毎週月曜深夜1:05-1:35ほか)の第11話『おゆうぎ会とさつまいもクレープ』を、場面カットとあらすじで振り返る。

本作は、一人娘と二人で暮らす高校教師・犬塚公平が、ふとしたきっかけで教え子の女子高生と3人でご飯を作って食べる食卓ドラマ。妻を亡くした犬塚は、一人娘のつむぎを育てながら家事をこなしてきた。ある日、母親が料理店を営む女子高生の飯田小鳥と出会った犬塚は、つむぎに手料理を食べさせるため一緒にご飯を作る。

第11話では、つむぎが幼稚園のおゆうぎ会で何役をやるのか、はなちゃんともめてしまう。犬塚も話を聞いて、幼稚園の先生にも仲裁に入ってもらうが、中々きちんと仲直りできず、つむぎは元気がない。

一方、小鳥は文化祭でクレープの模擬店をクラスで出すことになり、メニューの考案を任される。しのぶや八木も一緒に、みんなでクレープの試食会をやることになるが、つむぎはしょんぼり…。おゆうぎ会は一体どうなってしまうのか!?

なおニコニコチャンネルでは、毎週水曜昼0時配信となっている。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)