aiko、ツアーファイナルで感涙!

aiko、ツアーファイナルで感涙!

約4カ月におよぶ全国ツアーのラストとあって、aikoもファンも気持ちが高まり、会場の熱気もマックスとなった

aikoが5月から開催していた全国ライブツアー「Love Like Pop vol.19」が9月17日(土)に東京・NHKホールで最終日を迎えた。

ライブでは、最新アルバム『May Dream』の楽曲を中心に、アルバム『彼女』に収録された『シャッター』やファンに人気の高い『September』『帽子と水着と水平線』など夏の終わりや秋の到来を連想させる楽曲を披露した。MCではファンからお題をもらって即興で楽曲を作る恒例のコーナーを実施。連載終了を迎えた?こち亀”などをテーマにaiko節を展開し、ファンを楽しませた。

aikoは一曲一曲を歌い終えるごとに「ありがとうございました」と感謝の言葉をファンに送り、ライブの終わりが近づく寂しさを告白。終焉のあいさつでは「今日という日を、時間をくれて本当にありがとうございます。またこの会場にいる皆さんと会えますように」と涙ながら感謝の言葉を語った。

アンコールでは映画「聲の形」の主題歌で9月21日(水)にリリースの「恋をしたのは」を披露したほか、鳴りやまないファンからの拍手にトリプルアンコールまで実施し、3時間半で計28曲を披露。aikoの知名度をぐっとあげた『ボーイフレンド』では、会場の盛り上がりが頂点に達し、ライブハウスさながらの状態になった。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)