泉ピン子が「ドクターX」で米倉涼子と女のバトル!

泉ピン子が「ドクターX」で米倉涼子と女のバトル!

泉ピン子が「ドクターX」に出演決定! 米倉涼子と火花を散らす

10月13日(木)にスタートする米倉涼子主演ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系)に、泉ピン子が出演することが発表された。米倉と泉は、'05年にNHKで放送されたドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙」で共演したものの、同じシーンで2人そろって芝居をするのは今回が初となる。

泉が演じる久保東子は、今回の舞台となる「東帝大学病院」の新たな副院長。出世争いで蛭間重勝(西田敏行)に敗れて渡米した過去を持ち、さらにその10年後には兄・久保茂(竜雷太)も蛭間の策略によって病院長の座を追われたというキャラクター。

そのため、院長・蛭間に激しい恨みを抱き、ニューヨークで出会った未知子(米倉)を使って足を引っ張ろうとする。だが、自分の思い通りにコントロールできない未知子に、次第にいら立ちを募らせていく。

作品のファンで第1シリーズ('12年)からすべて見てきたという泉は、出演に「うれしいですね〜。なにせ同じ白衣を着る役でも、この前までは(「渡る世間は鬼ばかり」で)ラーメンを運んでいた身ですからね(笑)」と自身の代表作に絡めてコメント。

共演の米倉については「やっぱりカッコいいですね。背も高いし、サッパリしていて男前! 本当にすてきな女優さんです。東子としても、思わず『おばちゃんが悪かった。許してね』って、わびを入れたくなるくらい(笑)」と印象を語った。

そして、視聴者へ「この作品は出演者の皆さんが本当に素晴らしいし、スタッフもみんな人間がいい! 誰もがこのドラマに愛情と誇りを持っていて、本当にいいチームだと思います。私も初心に戻って臨んでいますから、ぜひともたくさんの方に見ていただき、このチームの力と情熱を感じていただきたいです」とメッセージを送った。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)