梅原裕一郎が八代拓の意外な一面を告白!?

梅原裕一郎が八代拓の意外な一面を告白!?

10月1日(土)からスタートする「タイガーマスクW」に出演する三森すずこ、八代拓、梅原裕一郎(写真左から)が第1話先行試写イベントに登壇

10月1日(土)よりテレビ朝日にてスタートする「タイガーマスクW」の第1話先行試写イベントが、9月20日行われ、八代拓、梅原裕一郎、三森すずこが登場した。

会場に集まったファンと同じく、第1話の完成を見たばかりだという八代は「熱過ぎです! 僕がアフレコで演じた時よりも、もっと僕が格好良くなっている!」と明かす。梅原も「自分が演じていることを忘れるくらい、一視聴者として楽しませていただきました」と絶賛した。

同アニメは、正義の覆面レスラー・タイガーマスクこと伊達直人が残したマスクを引き継ぎ、“新タイガーマスク”となる東ナオトと、自ら敵陣営に入り“タイガー・ザ・ダーク”となる藤井タクマが、プロレス界の裏組織「虎の穴」に立ち向かう姿を描く。

八代演じるナオトは、“光のタイガー”として「虎の穴」を倒そうとし、梅原演じるタクマは自ら「虎の穴」に入り、“闇のタイガー”として、内部から潰そうとする。

劇中ではナオトとタクマは友人同士だが敵対してしまう。すると、八代は「僕たちの関係も複雑なんです!」と告白するが、梅原は「いたって分かりやすい関係だと思うけど…」と冷静にツッコむ。

八代は「僕は友達だと思っているんです! 事務所に入った時期は(梅原が)先輩なんですが、さっきも僕が鏡を見ていたら、ずっと邪魔してくるんです! 何がしたいの?」と訴えると、梅原は「緊張しているようだったから、ちょっと和らげてあげようと思って(笑)」と仲の良さをアピールした。

また、大のプロレス好きでも有名なヒロイン・高岡春奈を演じる三森は「プロレス好きの“プ女子”として、この役のお話を頂いたときはうれし過ぎて飛び上がりました!」と喜ぶ。

自身が演じる春奈を「タイガーマスクのエージェントで、幼なじみという役ですが、実はナオトが好き(?)みたいなシーンもあって、年頃の女の子の感じも見てもらえたら」と笑顔を見せた。

そして、作品のタイトルにちなみ「マスクを取った時のお互いの意外な一面」について聞かれると、梅原が八代について「仕事が終わると静かです。一緒にご飯を食べに行くと、30分くらいお互い無言で携帯電話を見て、たまに話します(笑)」と打ち明けると、八代が「何か気持ち悪い! 長年の夫婦みたい(笑)」と会場の笑いを誘った。

一方、三森が梅原について「すごく静かです。アフレコの時も、歩いている時も。さっき、趣味を聞いたら『盆栽』と言っていました!」と驚きを明かすと、梅原は「最近、盆栽とテラリウムにはまっています」と言い、会場をざわつかせた。

さらに、キャラクターとしての登場が決定していた、新日本プロレスの真壁刀義選手からビデオレターがサプライズで上映された。真壁選手からキャラクターの声も真壁選手自身が担当すると発表されると会場は盛り上がりを見せた。

八代は「きょうはたくさん方に集まっていただき、ありがタイガー! こんなにも男たちが汗を流して、熱い作品はないと思います。ナオトとタクマ、スタートと最終目的は同じだけど、全く違う生きざまを見せる二人を見て、深夜ですが熱く騒いでください!」と期待を込めた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)