AKB48 Team8、初の“夜の野外ライブ”をテレビ初放送

AKB48 Team8、初の“夜の野外ライブ”をテレビ初放送

AKB48 Team8のサマステLIVEの模様をオンエア

10月16日(日)の昼3時より、CSテレ朝チャンネル1では「AKB48 Team8 テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION 音楽LIVE 2016&LoGiRL総集編SP」と題し、AKB48 Team8が今夏「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION 音楽LIVE」で行った感動のステージを放送。

彼女たちのバックヤードでの緊張の様子に意気込みコメント、その他、テレビ朝日ガールズポータルサイト「LoGiRL」の冠番組「8(エイト)がやらねば誰がやる!」(毎週金曜夜7:00から生配信中)から、えりすぐりの名珍場面トーク集をテレビ初放送することが分かった。

「サマステ音楽LIVE」では、「Everyday、カチューシャ」「言い訳Maybe」「フライングゲット」から、AKB48最新曲「LOVE TRIP」までメガヒットシングルナンバーに加え、Team8オリジナル楽曲「47の素敵な街へ」をフルサイズで披露。メンバーも大興奮の“自身初”となる夜の野外ライブとなった。

ライブの放送に当たり、4人のメンバーからコメントが到着。

坂口渚沙(北海道代表)は「今回のライブは、夏休みだから小さい子から大人の方までいろんな方が見に来てくれたんです。このイベントを通してTeam8を好きになってくれたという人もいて、私たちにとっても忘れられないライブの1つになりました。とにかく全力のパフォーマンスを見てほしい!」。

吉川七瀬(千葉県代表)は「メンバーとファンの皆さんの絆が伝わる私たちの大切なオリジナル曲『47の素敵な街へ』を、今回はフルサイズで披露したので、ファンの方の盛り上がりもいつも以上だった気がします!」。

小栗有以(東京都代表)は「オーディションでも歌ったほど憧れの大原櫻子さんと同じサマステライブの舞台に立てて、本当にうれしかったです! 実は私たち、夜の野外ライブはこれが初めて。ペンライトの光がすごくきれいでテンションが上がっちゃいました」。

佐藤栞(新潟県代表)は「クレーンカメラも使われていたので、いつものライブではなかなか見られないこの日ならではの映像にもぜひ注目してほしいですね。今回このイベントに出演したのはAKB48グループの中でTeam8だけだったので『AKB48』を背負うくらいの気持ちで頑張りました!」。

「LoGiRL」のレギュラー生配信番組「8(エイト)がやらねば誰がやる!」からは、今までのえりすぐりのシーンを集めた総集編を放送する。

総集編には岡部麟(茨城県)、小栗、小田えりな(神奈川県)、佐藤栞の4人がナビゲーターで出演する。ことし1月から始まった冠番組のアーカイブ映像を振り返りながら、番組の裏話を大暴露。

この番組ではメンバーがMCも務めるため、メンバーの性格によって番組はあらぬ方向に行くこともしばしば…。メンバーも初出演時の表情などに思わず赤面するシーンもあれば、思わぬ言い間違えから大爆笑を誘うシーンも。

さらに、今回のスタジオで、日頃から好き放題やっている他のメンバーに対し、座り位置がいつもセンターではなく一番端というポジションであったり、そのキャラクターから番組での“不当な扱い”に不満を募っていた佐藤栞が逆襲に出るシーンも?

また、テレビ放送を記念した“新規撮り下ろし企画”では、「渾身(こんしん)のごめんね!」をカメラ目線でささやく、疑似カップルを味わえるシチュエーションもあるとのことで、ファンは絶対に見逃せないものとなりそうだ。

全国47都道府県から1人ずつ選ばれたAKB48 Team8。各メンバーの個性が全開になる、見どころ満載の2時間となっているので最初から最後までじっくり堪能してほしい。

そして10月16(日)昼1時からは、AKB48初のダンス&ボーカルユニット・DIVAプレミアム解散ライブも放送される。AKB48の2期生でもある秋元才加、梅田彩佳、宮澤佐江、増田有華による4年間の集大成ライブとなる本ライブ。

同期・大島優子が初めて作詞に挑戦した楽曲も披露されるので、そちらもチェックが必要だ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)