唐沢寿明×窪田正孝の「ラストコップ」映画化決定!

唐沢寿明×窪田正孝の「ラストコップ」映画化決定!

「ラストコップ」第1話の完成披露試写会に登場した唐沢寿明、窪田正孝ら

10月8日(土)よりスタートする新土曜ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」(夜9:00-9:54日本テレビ系)の第1話完成披露イベントが東京・新宿ピカデリーで行われ、唐沢寿明、窪田正孝、佐々木希らが登場した。

完成したばかりのドラマスポットが流れ作品への期待が高まる中、突如DJ KOOと“ボディコン”を着たジュリアナダンサーズが壇上に。

同作の主人公・京極浩介(唐沢)が、作中で30年間の昏睡(こんすい)状態から復活した設定にちなみ、昏睡に陥る前の'80年代ディスコをイメージしたショーがスタート。普段バラエティー番組などでは見ることのないDJ KOOのパフォーマンスに、観客も入場時に配られた“ジュリセン”を振って盛り上がった。

続いてイベントMC・ビビる大木の合図と共に、ドラマ出演者が80年代ファッションに身を包み登場。唐沢は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公マイケル・J・フォックス風の赤いダウンベストがポイントの服装に、窪田はチェッカーズ風のコーディネート、佐々木はハマトラスタイルを意識した衣裳で観客の前に現れた。

さらに、藤木直人は紫のカラージャケット、竹内涼真はシブカジ、黒川智花は松田聖子、そして和久井映見はバンドガールをイメ―ジした衣装でそれぞれ登場し、会場を80年代の世界へ誘った。

主演の唐沢は「(服装が)暑い! あと帰りがけにボディコンのお姉さんたちに連絡先を聞いて、しっかりキメて帰りたい思います(笑)」とあいさつすると、京極のバディ・望月亮太役の窪田も「チェッカーズです! 現場に来る途中、動画を見て勉強してきました」と、往年の人気アイドルに成り切った様子。

そして上下パープルのジャケットスタイルで登場した新キャラクター・松浦聡役の藤木は「コンセプトは吉川晃司さんです。ハイウエストでシャツをインしていますが、えなりかずきくんではありません(笑)」と独特な服装をユーモアたっぷりに語った。

登壇者のあいさつに続き、80年代に関するクイズで盛り上がった他、同イベントでは番組に関するビッグプロジェクトを発表。すでに報じられていた連続ドラマのスタート、Huluでのオリジナルアナザーストーリー配信に加え、'17年GWに映画化されることが唐沢から語られた。

連続ドラマスタート前からさまざまな盛り上がりを見せる「ラストコップ」。10月から来年のゴールデンウイークまでは、退屈することがなさそうだ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)