渡辺大知「ドクターX」出演!『こんな環境は初めて』

渡辺大知「ドクターX」出演!『こんな環境は初めて』

黒猫チェルシーの渡辺大知が「ドクターX」第1話でIT会社の社長役に!

10月13日(木)夜9時より第4シリーズがスタートする米倉涼子主演ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)。初回ゲストに、人気バンド・黒猫チェルシーの渡辺大知が決定した。

渡辺は'09年公開の主演映画「色即ぜねれいしょん」での演技が高く評価され、第33回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。ネクストブレークの筆頭株として音楽活動、俳優活動いずれも熱い視線を集めている渡辺は、今回が初めてのテレビ朝日のドラマ出演となる。

「ドクターX」では、渡辺は摘出困難な脊索腫を患ったIT社長・一木を演じる。未知子(米倉)らの東帝大学病院に入院する一木は、病院に対し手術の条件を提示。物語をかき乱す重要な役どころだ。

米倉をはじめ、西田敏行、泉ピン子、生瀬勝久、吉田鋼太郎ら重厚なキャスト陣に囲まれた渡辺は「こんな環境は初めて…!」と大緊張。しかし、西田ら「東帝大」軍団が母校の校歌を歌うシーンの撮影前には、楽譜を読むのに苦戦する生瀬と吉田から正しい音程を尋ねられてアドバイスを送るなど、現場にもなじんだ様子を見せた。

渡辺は「この作品は本当にスゴい役者さんがそろっているので、緊張しましたね。ただ、あんまりスゴい、スゴいとばかり思っていると、完全にのまれちゃってダメになる。なので、自分が交ざることによって“いい違和感”を作ることを楽しもうという気持ちで臨みました」とコメント。

そして、「今回撮影に参加したことで、『ドクターX』への思い入れが強くなったんですよ。出演者の皆さんがたとえヨボヨボになっても(笑)、ぜひ20シリーズくらい続けていただいて、伝説のドラマになってほしいです。なので、視聴者の皆さんもぜひ『ドクターX』を見続けてください!」と視聴者へ向けてメッセージを送った。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)