AKB48島崎遥香、卒業発表コメント全文

AKB48島崎遥香、卒業発表コメント全文

「AKB48を年内をもって活動終了させていただくことにしました」と話すAKB48・島崎遥香

AKB48の島崎遥香が、10月3日に都内で行われたイベントにてAKB48からの卒業を発表。

以下、コメント全文。

島崎は「(バイトルの)CMにもあるように、私自身もAKB48を年内をもって活動を終了させていただくことにしました。私のことなので簡潔にお話させていただきますと、最後の握手会は幕張メッセで12月24日(土)に、卒業公演はAKB48劇場で12月26日(月)にやります。でも、活動としては12月31日(土)、年内までです」と発表。

また、“卒業する”と決意するCMの内容とリンクしたことについて「その時(CM撮影時)はまだ…今もそうなんですが、あまり実感もなくて」と振り返った。

さらに、今後については「いくつかのスポーツ紙とか報道とかで、女優になるんじゃないかっていう記事があったんですけれども、ここで今すぐ簡単に『私、卒業して女優さんになります』って言えるほどの実力もないですし。何だろうな…何て言えばいいんだろう。うーん、何だろうな。

『女優一本でいきます!』って、ここではそうは言えないんですけど、ここに来てくださっている記者の皆さんもそうですし、ファンの皆さんをはじめ、芸能関係者の皆さまが応援してくださる声がある以上は、頂いたお仕事に全力で取り組んでいきたいなという前向きな意志はあります」と赤裸々に心境を吐露。

そして、「ずっと夢だったことがあって、ジブリ映画の声優さんをずっとやりたいなって」と具体的な目標を明かした。

そんな中、かつて横山由依に卒業について相談した時に泣いて止められたことに触れ「やっぱり、一緒にずっと最初からやってきた仲間が泣いている姿を見てしまうと、気持ちは揺れましたね」と告白。

AKB48のメンバーへは「これからは一視聴者として見ていきたいと思いますし、個人個人の活動もテレビを通してという形になると思うんですけども、目にしていきたいと思います」と語った。

最後にファンに向け「7年間やってきたので、話しだしたら長くなるというか、すごく思うことはたくさんあるんですけど…。でも、きょう発表して、年内ということはあと約3カ月とわずかなんですけれども、そこまではAKB48の一員として、アイドルとして全力で取り組んでいきたいと思っていますし、卒業してもぜひ良ければ応援していただけたらうれしいなと思っています」と明かした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)