アプガ・森ティー、故郷・静岡凱旋で富士山になる!?

アプガ・森ティー、故郷・静岡凱旋で富士山になる!?

アップアップガールズ(仮)がロックフェス「フジソニック 2016」に出演

アップアップガールズ(仮)が10月1日、静岡・清水マリンパーク内イベント広場で行われたロックフェス「フジソニック 2016」に出演。ライブが信条のアップアップガールズ(仮)らしい、白熱のパフォーマンスを繰り広げた。

「フジソニック」は開催地の静岡県にゆかりのあるアーティストを中心に、'15年からスタート。今回はASIAN KUN-FU GENERATION、ウルフルズなど、数々のロックバンドやアーティストが出演した。

トップバッターのアップアップガールズ(仮)はダッシュでステージに登場し、曇り空を吹き飛ばすようにハードなロックチューン「イチバンガールズ!」で勢いよくライブをスタート。

静岡出身の森咲樹は、MCで「念願の『フジソニック』に出演できて、ほんとに嬉しいです。私たち、ライブが大好きだから、故郷の静岡県でライブ大好き、音楽大好きって気持ちをたくさんぶつけていきたいと思います!」と声を上げた。

スカチューン「アッパーレー」を歌い、佐藤綾乃は「フジソニック、もっともっと一緒に踊ろうぜ!」とあおり、メンバー7人は渾身のパフォーマンスで観客のテンションをアップさせていく。「チョッパー☆チョッパー」では、佐保明梨の高速ヘドバン、古川小夏の全力ポッポングダンスが炸裂。“NOMUSIC,NO IDOL”のコールアンドレスポンスで会場全体を沸かせた。

「お願い魅惑のターゲット」で観客全員をジャンプさせ、必殺のキラーチューン「アッパーカット!」の曲中ではDJダイノジの大地洋輔とダンサーも加わってのお祭り騒ぎに。古川は富士山の被り物を装着してパフォーマンス。続いて森も富士山を被り、全力で歌とダンスを披露する。メンバー7人と観客が一体となって盛り上がりを見せ、アプガのライブは締めくくられた。

アップアップガールズ(仮)は、続くDJダイノジのステージにも飛び入り参戦。DJの大谷ノブ彦がかける先輩グループ・℃-uteの「Danceでバコーン!」でキレッキレのダンスを見せ、会場全体を盛り上げた。

■森咲樹コメント

去年の今頃、自宅でたまたまテレビを見てたら「フジソニック」と「マグロック」の特番をやってたんです。地元の静岡にこんなに楽しそうなフェスがあるんだと知って、アプガもフェスが大好きなので、絶対出たいと思ってたんです。アプガの静岡凱旋ライブでも「『フジソニック』に出たいです!」って言霊を信じてずっと言っていたら、ほんとにかなって驚いたし、嬉しかったです。その嬉しさを噛み締めて、今日はライブができました。

ライブ自体は、アプガを初めて見る方も多いし、フェスのトップバッターの出演なのでドキドキしてたんです。でも、ステージ出た瞬間「森ティー、おかえり!」って声をもらったんです。それがすごく嬉しかったですね。今日のセトリもガンガン攻めてたし、アプガの代表曲も詰め込んだから、分かりやすくアスリート系アイドルのアプガを、初めてアプガを見てくれた方にも、静岡の人に伝えられたんじゃないかなって思います。ぜひ、また来年も出たいです!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)