小園凌央らがポテトチップスなどのアップデートを検証

小園凌央らがポテトチップスなどのアップデートを検証

10月8日(土)から「アップデート大学」(テレビ朝日)がスタート!

世の中のあらゆるアップデートの世界を学ぶ「アップデート大学」(夜0:45-1:15テレビ朝日系)が、10月8日(土)にスタート。「昔はこうだったものが、いつの間にかこんなふうに変わっていてびっくり!」といった驚きと発見が詰まったアップデートの世界を研究し、世の中の進化を見る新感覚情報バラエティー。学生として週替わりで“二世タレント”が受講し、客員教授をお笑い芸人が週替わりで担当する。

レギュラー初回は、土田晃之が客員教授を務める。今回登場する有名芸能人の二世は、田原俊彦の娘・田原可南子、ヒロミ&松本伊代夫妻の息子・小園凌央、西郷輝彦の娘・今川宇宙、渡辺徹&榊原郁恵夫妻の息子・渡辺裕太の4人。田原が語る父・俊彦の知られざる素顔など、彼らが話す両親の意外な一面も明らかに!

初回の講座は、カラオケのリモコンとポテトチップスのアップデートの歴史について学習。渡辺らは事前にこれらに関する問題に解答し、その答え合わせも兼ねながらVTRを見進めていく。

まずはカラオケの必須アイテムである“リモコン”のアップデートの歴史を学ぶ。現在のカラオケではリモコンを使用して曲を探すことが主流となっているが、昔は分厚い目次本で曲を探していた。このシステムがいかにして変化を遂げ、現在のスタイルへと変わっていったのか検証。

さらに、ポテトチップス・うすしお味のアップデートの歴史が明らかに。昔から定番人気の商品である同商品の中身とパッケージが、どのような変遷をたどってきたのかを追う。さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、現在の商品になったという知られざる経緯に迫る。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)