TAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工が“下ネタ”コミュニケーション!?

TAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工が“下ネタ”コミュニケーション!?

パンツの交換話で盛り上がるTAKAHIRO、斎藤工ら

映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」(公開中)の初日舞台あいさつが10月8日に都内の劇場で行われ、出演するTAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工、吉本実憂、岩田剛典、鈴木伸之、石黒賢と山口雄大監督が登壇した。

同作品は、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、映画、さらにその世界観をライブで表現するなど、壮大なスケールで観客を圧倒している総合エンタテインメント・プロジェクトの映画第2弾。TAKAHIRO演じる雨宮雅貴と登坂演じる雨宮広斗の“雨宮兄弟”を中心に描いたもので、2人の兄・雨宮尊龍を斎藤が演じている。

幼い頃に両親を亡くした雨宮三兄弟の絆は固かったが、1年前に尊龍が2人の前から姿を消してしまう。尊龍の行方を捜し続けていた2人は、尊龍が現れることを期待して両親の命日に家族の墓を訪れる。だが、そこに現れたのは尊龍の行方の手掛かりを持つ謎の少女・成瀬愛華(吉本)だった…というストーリー。

舞台あいさつでは、TAKAHIROが「海外ロケが長かったので、皆さんと密にコミュニケーションを取らせていただきながら撮影しました。そんな中でも、僕と登坂はお兄ちゃん(斎藤の参加)を心待ちに待っていたんですけど、(斎藤は)現場に入るなり、このオーラと下ネタで包んでいただいて(笑)」と暴露話を披露。そんなTAKAHIROの発言に、斎藤は「それはお互いだったんですけど」と切り返し、笑いを誘った。

また、斎藤は「事務所に余計なことは言うなとくぎを刺されたのですが…」と言いながらも、「きょうは(タイトルの)赤にちなんで、赤いパンツをはいて来ました」と告白。

すると、TAKAHIROも「僕もです! 後で見せ合いっこしましょう。何ならユニホーム交換みたいに。まだ午前中なんで、そんなに汚れてはおらぬ」と丁々発止のやりとりを見せ、会場を沸かせていた。

そんな2人のやり取りを受け、登坂は「きょう僕ら(舞台あいさつが)9回あるんですよね。この調子でいったら最後どうなるか分からないですね」と苦笑。

最後にTAKAHIROは「公開初日を迎えられて、あらためてスタッフと豪華なキャストの皆さんに感謝したいと思います。きょうから本番だと思って(プロモーション活動で)もっともっと盛り上げていきたいと思いますので、全国の皆さん、これからも温かい応援よろしくお願いします」とアピールした。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)