秋アニメ第1話チェック“12歳。”セカンドシーズン

秋アニメ第1話チェック“12歳。”セカンドシーズン

アニメ「12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜」のセカンドシーズン・第1話となる第13話『スキ・キス・キス!?』を、場面カットとあらすじで振り返る!

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜」(毎週月曜夜7:30-8:00ほか)のセカンドシーズン・第1話となる第13話『スキ・キス・キス!?』を、場面カットとあらすじで振り返る。

本作は女子小学生に人気の同名漫画が原作で、大人でも子供でもない12歳の少年少女らの純粋な悩みと初恋を描くセカンドシーズン。小学6年生の綾瀬花日(CV.加隈亜衣)は、クラスメートの高尾(CV.斉藤壮馬)と“カレカノ”の関係に。一方、花日の友人・結衣(CV.木村珠莉)も桧山(CV.堀江瞬)と付き合い始める。恋や日常の出来事に悩みながら、花日らは絆を深め成長していく。

【第13話『スキ・キス・キス!?』】

「蒼井結衣、12歳。最近女子は難しいお年ごろです…。」

初めてのブラジャーや生理、そして…結衣は初めてのニキビができてしまい大パニック! 恥ずかしさのあまり、カレシ・桧山の顔も見られず避けてしまう。一方、結衣の態度が心配な桧山。ちゃんとお互いに顔を見て話をしようとしたその時、ふとした瞬間に2人の唇が触れ合った…? これって、もしかして…キス…!?

なお第14話『ライバル』は、TOKYO MXでは10月10日(月)夜7時30分から放送となっている。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)