吉田鋼太郎、高畑充希が再び“現代版寅さん”で共演!

吉田鋼太郎、高畑充希が再び“現代版寅さん”で共演!

放送決定したスペシャルドラマ「東京センチメンタル」の現場での高畑充希、吉田鋼太郎、片桐仁

テレビ東京では、吉田鋼太郎主演の「東京センチメンタル」の最新作をスペシャルドラマで放送する。

「東京センチメンタル」は、'14年に年末特別ドラマとして放送され、'16年1月クールには連続ドラマで放送。吉田演じるバツ3&独身の恋多き和菓子職人・久留里卓三が、毎回異なるヒロインに思いを寄せ、街ぶらデートし、酒を飲み、おいしいご飯を食べ、そしてフラれる…という大人のラブストーリー。

東京の下町を舞台にし、その卓三の“惚れやすさ”と“実らなさ”から「現代版・寅さん」と評判だった本作。

また、和菓子店のアルバイト店員・須藤あかね役の高畑充希、卓三の昔なじみで理容店を営む柴田幸吉役の片桐仁と、レギュラーメンバーの出演も発表された。

今作のテーマは、「ケンカから始まる恋」。卓三がある日、仕込みをしていると若い男性・正弘が訪ねてくる。正弘は、卓三の一番目の妻との息子だった。久しぶりの再会、しかも突然の訪問で、正弘は「近々結婚するので、相手の女性と食事をして欲しい」と卓三に告げる。

後日、正弘と正弘の婚約者・留美と食事に臨んだ卓三は、遅れてやってきた留美の叔母・美奈子と初対面なのに言い合いに。出会いは最悪だったが、運命が2人の距離を縮めていく…。

美奈子を演じるゲストマドンナ、正弘役の俳優、その婚約者役は誰なのかは後日発表予定。

吉田は「自分に近いキャラクターの役をやれること、高畑さん、片桐さんとまたご一緒できるのがとてもうれしいです」と3度目の卓三役に万感の様子。

約1年ぶりの撮影現場にも「今回もほぼ同じキャストとスタッフなので、自分の家に帰ってきたような気分。1年のブランクが空いても自分の家のような空間で演じられるので気が楽です(笑)」とニヤリ。

見どころを聞かれた吉田は「まだまだ(恋愛を)やれるぞと思いつつも、実際には思い通りにならない中年、初老の男の複雑な思いがたくさん盛り込まれています。ぜひまだ恋に対する気持ちを捨てていない男性の方々はもちろん、女性の方々にも見ていただきたい!」とアピールした。

高畑も吉田同様「また卓三さんが帰ってくるのがうれしかったです。相変わらずな、ゆるーい掛け合いができたらな、と思っています」とSPドラマ決定を喜ぶ。

また、現場の雰囲気については「何も変わらず、『あら、もう一年も経ったの!?』という感じでした(笑)。とても安心します」と語った。

片桐は「大好きなドラマなので鋼太郎さんが生きている限り続いてほしいです! 3年目の『東京センチメンタル』ということで、卓さんはもとより、私が演じる近所の床屋さんもめでたく恋の予感が!?」と気になるコメントを寄せた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)