前野朋哉、市川海老蔵との思い出は“カンチョー”!?

前野朋哉、市川海老蔵との思い出は“カンチョー”!?

ドラマ「石川五右衛門」の放送直前イベントに出席した山田純大、前野朋哉、棚橋弘至、高月彩良(写真左から)

テレビ東京系で10月14日(金)からスタートする金曜8時のドラマ「石川五右衛門」の放送直前イベントが東京・新宿で行われ、ドラマに出演する山田純大、前野朋哉、高月彩良、棚橋弘至が登場した。

本ドラマは、市川海老蔵が13年ぶりに連続ドラマの主演を務め、天下の大泥棒・石川五右衛門の活躍を熱演する時代劇。

海老蔵演じる五右衛門と共に盗みを働く“五右衛門一家”として三上の百助役の山田、足柄の金蔵役の前野、堅田の小雀役の高月、また、五右衛門の命を狙う刺客・榊基次を演じる棚橋がドラマの見どころや海老蔵とのエピソードを語った。

山田は、ドラマについて「めちゃくちゃ面白い。格好良い編集をしてもらって、アバンギャルドで、時代劇なのにバッドマンみたい。京都の街がゴッサム・シティのようです」とアピール。

海老蔵との共演を振り返った前野は「海老蔵さん、痔の僕に“カンチョー”で潰しにかかってきました(笑)。『忍びの五右衛門一家として常に警戒心を持ち、背後に立たれるな』という海老蔵さんなりのご指導だったんだと…」と告白。

続けて「感動的なシーンを撮る前も緊張していたのですが、カンチョーされましたね。おかげさまで痔は治りましたが、痔に始まり、痔に終わりました」とコメントし、その現場を知る山田らは大笑い。

痔の完治と海老蔵のカンチョーの因果関係は一見なさそうだが、棚橋は「プロレスでもケガをした箇所を逆療法で対処することはありますね」と海老蔵の行動を分析していた。

高月は、前野たちから「マスク姿の衣装が格好良い!」と絶賛されるも「海老蔵さんに『マスクした方が(していない時より)美人だね』といじられました。ひどいです(笑)」と、ここでも“海老蔵流”の現場の盛り上げ方が披露された。

棚橋は「2月の極寒の池に飛び込みました」と撮影時の苦労に言及。司会の繁田美貴アナから「寒くなかったですか?」と聞かれると「現場のスタッフさんたちを前にしている責任感もありましたし、プロレスラーは寒いと言えませんから」と胸を張るも、前野から「て、ことは寒かったんじゃないですか!」と鋭いツッコミが入った。

4人はステージの“五右衛門風呂”で記念撮影するなど終始和気あいあいのムード。「風呂といえば裸」ということで、棚橋は上半身裸に。前野も負けじとTシャツを脱ぎ捨て、真っ白な“美ボディ”を披露。

山田は「海老蔵さんから『前野が上半身裸になったら、パンツも脱がせろ』と伝言を預かっている」と前野に詰め寄り、ステージ上で追い掛けっこをするなどイベントは爆笑の中で終了した。

イベント後も、新宿駅東口のステーションスクエアに設置された“五右衛門風呂”で、買い物客や通行客は記念撮影を楽しんでいた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)