「相葉マナブ」初の高知で相葉がショウガに悶絶!?

「相葉マナブ」初の高知で相葉がショウガに悶絶!?

「相葉マナブ」は関東近郊を飛び出し、初めて四国・高知を訪れる!

10月16日(日)と30日(日)に放送される「相葉マナブ」(テレビ朝日系)で、嵐の相葉雅紀が番組開始以来初めて関東近郊を飛び出し、高知を訪れる。

同番組は、相葉が日本各地を訪れ、日本についてさまざまなことを体験しながら学んでいく体験型バラエティー。

16日の放送では、これまで“包丁王子”としてさまざまな食材を扱い、包丁さばきの腕を磨いてきた相葉が戻りガツオの調理に挑戦する。

カツオをさばくためだけに作られた包丁と出合い、カツオに立ち向かった相葉を見た澤部佑は「いつもより輝いて見える! 勇者が武器を持ったみたい!」と包丁さばきを大絶賛。実際にさばいた相葉は「これは一種のスポーツだね! まさに格闘(笑)」と振り返った。

また、相葉がさばくためのカツオを選ぶために訪れた久礼大正町市場では、偶然“メジカの新子”に遭遇。ソウダガツオの稚魚で、この時期に高知でしか食べることができない貴重な食材に渡部建も「一生食べられない魚だと思っていたので、『相葉マナブ』初の遠方ロケのしかも最初の市場で“メジカの新子”が食べられるなんて、やっぱりこの番組は持ってるね!」と大喜び。

そして、3人は高知でしか味わえないその味を大興奮で味わった。

さらに、相葉がさばいたカツオで高知の郷土料理作りにもチャレンジ。新鮮なカツオを使った高知ならではの絶品料理を堪能する。

30日の放送では、四万十川で日本のブランド食材の1つ“四万十ショウガ”について学ぶ。ショウガの収穫量が日本一でもあるこの高知でショウガ農家を訪ねた一行は、早速収穫したてのショウガを味わってみることに。

農家の人にも確認し「新ショウガというくらいだから辛くないと思って…」と勢いよくひと口で食べた相葉。想像以上の辛さにもん絶した相葉は「新玉ねぎとかと同じような感覚で食べたら超辛い! 胃が熱くなって形が分かった気がするくらいだった(笑)」と思わぬ衝撃にびっくりしたよう。

最後に、初の遠方ロケを堪能した相葉は「これからも各地の名産や旬のものを紹介していくようなロケができたらいいな」と次に訪れる場所を心待ちにしていた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)