「男水!」が“2.5次元俳優”勢ぞろいでドラマ&舞台化!

「男水!」が“2.5次元俳優”勢ぞろいでドラマ&舞台化!

人気水泳漫画「男水!」が待望の実写ドラマ&舞台化決定

白泉社・花とゆめ「花LaLaonline」で連載中の、木内たつやによる高校部活水泳漫画「男水!」が、'17年1月より日本テレビほかにてドラマ化、同・5月には舞台化されることが決定。ティザービジュアルが解禁された。

気になるキャストは、近年爆発的に人気を集める“2.5次元”舞台で活躍中の主演俳優たちが勢ぞろい。地上波ドラマに殴り込みをかけ、男子高校生たちの熱い競泳部活ドラマに挑む。なお、このメインキャストはドラマと舞台両方に出演する。

テレビを通して画面越しに見ていた俳優たちの生の芝居が、舞台では目の前で楽しめるという珍しい試みとなる。

「仮面ライダー鎧武」('13〜'14年、テレビ朝日系)に出演し、ミュージカル「薄桜鬼」などで主演を務めた松田凌が、主人公で東ヶ丘高校に通う高校生・榊秀平を演じる。ことし公開の「ライチ☆光クラブ」などでも、味のある演技を見せた松田は「ドラマ、舞台とこの作品にとって挑戦であり新たな魅力を踏み出す一歩であると思います。それを演じさせていただく自分たちもです。僕らが織り成す、爽やかだけど熱い青春を監督をはじめ最高のスタッフとキャストでお届けします」とコメント。

その他、「FAIRY TAIL」などで主演を務めてきた宮崎秋人、舞台「戦国無双〜関ヶ原の章〜」などの安西慎太郎、「美男高校地球防衛部LOVE!活劇!」の赤澤燈、ミュージカル「テニスの王子様」の佐藤永典。

舞台「ダイヤのA The LIVE」の小澤廉、ミュージカル「刀剣乱舞」の黒羽麻璃央、残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」の池岡亮介ら、舞台で主役を経験する役者が多数出演し、高校生スイマーを演じる。

そして、主人公の高校にやって来るコーチ・川崎を「舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR〜2つの頂上〜」で主演を務めた廣瀬智紀が演じる。

また、11月13日(日)には、東京汐留・日テレタワー大階段広場にて、メインキャスト全員が参加予定の「男水!プロジェクト壮行会」と題した無料イベントの開催も決定。イベントでは、キャストがドラマの衣装とメイクで登場し、初お披露目をする。

キャストがプロジェクトに懸ける意気込みを語る他、トークショー、お見送り会、ここでしかもらえないスペシャル特典配布などを予定している。

さらに、10月20日(木)発売の「花とゆめ」22号では、『男水!特集』が掲載される他、同イベントの読者限定特別観覧席のプレゼント応募、原作の“出張版”も掲載される。

原作者の木内は「大変ありがたいことに『男水!』がドラマ、舞台になります。原作はいわゆる『天才達が紡ぐ物語』ではありません。選手一人一人が高校水泳という枠組みの中で、水泳や自分の気持ちや誰かと向き合う、そんなテーマを目標に描いています。

実写という世界で、『男水!』がどんな物語になるのかそわそわしながら眺めていたいと思います。それにしてもキャスティングすごいなぁ…!!! 一生の記念です」と喜びのコメントを寄せている。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)