“プリンス”井上芳雄が“リトグリ”とコラボ!

“プリンス”井上芳雄が“リトグリ”とコラボ!

「SONGS」に井上芳雄が初出演!

10月20日(木)夜10時50分からの「SONGS」(NHK総合)は、「井上芳雄〜すべてはミュージカルのために〜」と題し、“ミュージカル界のプリンス”こと井上芳雄を特集する。

井上と言えば、東京芸術大学在学中の'00年、オーディションに合格してミュージカル「エリザベート」でデビュー。2年後の'02年には、「モーツァルト!」で主人公・モーツァルト役に抜擢された。

「SONGS」では、“ミュージカル界のプリンス”として舞台に立ち続ける井上のプレッシャーや挫折、そして葛藤に、ロングインタビューと番組出演時の映像から迫る。

また、スタジオでは4曲を披露。まずは、井上がミュージカルの世界に入るきっかけとなった作品「キャッツ」の名曲「メモリー」を、島健氏のピアノ演奏と共に歌い上げる。

さらに、主演したミュージカル「モーツァルト!」からは、井上の代表曲と言われるようになった「僕こそ音楽(ミュージック)」。井上自身も愛してやまないというディズニー作品「アラジン」から「フレンド・ライク・ミー」を歌唱する。

そして、女子高生6人組のボーカルグループ“Little Gree Monster”との共演も実現。井上陽水の「少年時代」でコラボレーションする。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)