”カープ”芸能人が増殖中?芸能界で相次ぐ便乗商法の愚行

”カープ”芸能人が増殖中?芸能界で相次ぐ便乗商法の愚行

Photo by Pixabay

 9月11日、広島カープの優勝記念ライブ「VIVA!真赤激!」(ビバ!マッカゲキ!)が11月16、17日に開催されることが明らかになった。芸能界でも一部で便乗する流れが見られ、特に奥田民生(51)・ポルノグラフィティらが開催する優勝記念ライブのチケットが「高額だ」とひんしゅくを買っている。

■奥田民生、高額チケットライブ開催

 10日に東京ドームで巨人を6-4で下し、7度目のセ・リーグ優勝を飾った広島カープ。実に25年ぶりの優勝に、ファンが歓喜に沸いている。

 優勝に合わせて、広島市内のデパートなどでは優勝セールを実施。中にはラーメン半額・替え玉無料を展開するラーメン店や、焼き鳥・ドリンクの全品を無料を発表した焼き鳥チェーン店も出ている。

 芸能界では有吉弘行(42)やチュートリアルの徳井義実(41)、Perfumeらが続々と喜びのコメントを発表。カープ女子で知られるグラビアアイドル・杉原杏璃(34)は、特注の広島カープ風ビキニを披露。スポーツ紙の紙面を飾るなどして話題になった。

 “カープ便乗”が一部で話題になる中、ひんしゅくを買っているのがミュージシャンたちだ。優勝決定の翌日、カープファンである奥田やポルノグラフィティが「応援団長」となって、広島文化学園HBGホールで優勝記念ライブを開催することを発表。堂珍嘉邦(37)やサンフジンズの出演も決定した。

 問題はチケットの料金。1人あたり8950円(全席指定・記念品付き)で発売され、「(料金が)高い」「やるなら無料で」「便乗商法か」などと一部で物議を醸している。ちなみに奥田やポルノグラフィティの通常のライブチケットは、大手チケット売買サイトで1枚5000円前後が平均相場。

「チケットの料金は特別高いわけではないですが、野球の優勝セールでは大抵安くなるのに、しっかり金を取る様子でケチ臭い感じがある。便乗して“商売”をしていると思われてもしょうがない」(報道関係者)

■稼ぎのチャンスは後2回?

 広島カープが再び歓喜に沸くチャンスは後2回。クライマックスシリーズと日本シリーズが残っている。

 10日の優勝時の試合中継は、広島地区の最高視聴率が71.0%(平均視聴率60.3%、ビデオリサーチ調べ)をマークしただけに、浮かれるカープファンを相手に「ビジネスチャンスがゴロゴロ転がっている」と考える輩もいるのだろうか。

「25年ぶりですから、カープファンの喜びも一塩。便乗して知名度アップや荒稼ぎを狙う芸能人やミュージシャン、お笑い芸人がまだまだ出てくるのでは。変に欲張って、カープのお祝いムードに水を差すのだけはやめてほしいですね」(前出・関係者)

 広島カープの優勝はファンの悲願。喜びに沸き返るファンたちに「優勝記念」をチラつかせて第2、第3の便乗商法が登場するのか。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)