週に70人以上が出演?テレビ局の”ジャニーズ依存症”という病

週に70人以上が出演?テレビ局の”ジャニーズ依存症”という病

一事務所として異例の動員を誇る

 SMAPの解散があと3か月と迫った。ただし各メンバーが単独で出演する番組は解散後も継続するということで、ファンからは安堵の声が挙がっている。

「しかし、ファンではない視聴者の中には、どうしてここまでジャニーズタレントが重宝されるのか? と疑問を持つ者も少なくありません」(週刊誌記者)

 実際、どの程度各局はジャニタレを使っているのだろうか? 9月12日付で調べてみるとその多さに圧倒される(ドラマ含む)。

 日本テレビは16番組。『ヒルナンデス!』(火曜・木曜)、『news every.』、『NEWS ZERO』とニュース、情報番組を基軸に、『月曜から夜ふかし』、『幸せ!ボンビーガール』、『ザ!世界仰天ニュース』などのバラエティも網羅。『嵐にしやがれ』、『ザ!鉄腕!DASH!!』、『世界の果てまでイッテQ!』と超高視聴率番組もあり、さらに『Going!Sports&News』ではスポーツ番組も抑えている。まさに全方位だ。

 一方、テレビ朝日は8番組。『中居正広のミになる図書館』、『キスマイ魔ジック』、『刑事7人』、『“ぷ”っすま』、『SmaSTATION!!』、『真夜中のプリンス』、『相葉マナブ』、『関ジャム 完全燃SHOW』と、こちらは抑えきれていない印象。

 TBSは9番組で、『所さんのニッポンの出番!』、『櫻井・有吉THE夜会』、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』、『炎の体育会系TV』あたりが有名どころだ。

■70人以上のジャニタレが出演

 民放でも独自路線を貫くテレビ東京でさえ、6番組もある。そして凋落ぶりが激しいフジテレビは、なんと14番組。

『SMAP×SMAP』を筆頭に、『キスマイBUSAIKU!?』、『村上信五とスポーツの神様たち』、『いただきハイジャンプ』、『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』、『関ジャニ∞クロニクル』。関ジャニやHey! Say! JUMPの進出が目立ち、ドラマでは『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』を放送している。

 番組名だけ挙げたが、そこに出演している各グループのメンバーを考慮するとさらにジャニーズ漬けの実態が浮かぶ。SMAP(5人)、TOKIO(5人)、KinKi Kids(2人)、V6(6人)、嵐(5人)、NEWS(4人)、関ジャニ∞(7人)、KAT-TUN(3人)、Hey! Say! JUMP(9人)、Kis-My-Ft2(7人)、A.B.C-Z(5人)、ジャニーズWEST(7人)、さらにそこにジャニーズJr.、さらには個人での活動が頻繁な滝沢秀明(34)、東山紀之(49)を合わせると70人以上にのぼる。

 1つの芸能事務所の所属タレントがここまでテレビ各局で使われているのをどう見るか。華があるからとはいえ、テレビ局もジャニーズ頼みを見直したほうがいい時期にさしかかっているのかもしれない。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

関連記事(外部サイト)