急死したプリンス1番目の妻が”関係のすべて”を綴った回顧録を執筆中

急死したプリンス1番目の妻が”関係のすべて”を綴った回顧録を執筆中

プリンス1番目の妻、 回顧録を執筆中

 急死した音楽アーティスト、プリンスの1番目の妻マイテ・ガルシア(42)が回顧録を執筆中だという。マイテによる回顧録『ザ・モスト・ビューティフル』では、お互いに「異世界でのつながり」ともいえるマイテとプリンスの関係全般が綴られることになるようだ。出版は来年4月を予定している。

 そんなマイテは先日、元夫プリンスのために入れたタトゥーについて動画を投稿していたばかりだった。その動画には「これは私を笑顔にさせ、涙を流させる。愛は永遠!私の手を見るたびに思い出すわよ。傷ついている全ての人のために」と説明がつけられていた。

 また、6月のプリンスの誕生日は、完全菜食主義だったプリンスに習って、肉を食べないことのよさを実感してもらう日にして欲しいと意欲を見せていた。

「プリンスは誕生日を祝いたいタイプじゃなかったけど、次の悟りのレベルに到達するために生活を送り、向上して、学びたい人だった」「毎年6月7日がプリンスの誕生を祝う日というだけでなく、プリンスのファンたちがどれだけ完全菜食主義になると気持ちよく感じるかを体験し、プリンスの思いやりのある残したものを讃える日に(動物愛護団体の)PETAとともにするってことが私のミッションよ」と話していた。

 プリンスは4月にミネソタ州のペイズリー・パークの自宅でフェンタニルの過剰摂取により57歳で死去した。

関連記事(外部サイト)