「拓哉になんであんな嫁が…」キムタク父がこぼす”ボヤキの内容”

「拓哉になんであんな嫁が…」キムタク父がこぼす”ボヤキの内容”

Photo by Photomiqs

 SMAP・木村拓哉(43)の母親・木村悠方子さん(66)の理解し難いスピリチュアル発言を、9月14日発売の『週刊新潮』(新潮社)が報じている。「味噌が放射能に効く」「頭から宇宙エネルギー」などのほか、自治労で講演会を開いているという衝撃的なもの。自治労とは共産党系の組織であり、木村家の”政治思想”も気になるところだ。

 キムタクは母親に関する報道が多いが、父親のエピソードはイタリアンレストランを経営していた過去がある、ということ程度で、目にすることは少ない。

「地元民の話によると、キムタクのお父さんは工藤静香(46)について喫茶店でボヤいているそうです。その内容は、『なんであんな嫁が来ちゃったのかな〜』というもの。いくらでも素敵な女性を選べるキムタクが、工藤静香と結婚したことが今でも気に食わないそう。地元ではキムタクパパのボヤキは、そこそこ知られているようです」(スポーツ誌記者)

■キムタク父が工藤静香を苦手とする意外な理由

 キムタクの父親は、工藤静香の何がそんなに気に入らないのだろう。

「工藤静香がそもそも好きではないうえに、センス全般も気に入らないとお父さんは言っているようです。ネットに公開された長女(15)の幼少期の写真を見ても、ヘアピンゴテゴテでいかにも田舎のヤンキーママが育てているという感じ。そういった下品な雰囲気も苦手なようです」(前出・スポーツ誌記者)

 一方で、キムタクの実家は、洋風と和風をミックスさせた奇妙な豪邸だという。

「地元でキムタクの実家として知られている建物は、洋風と和風をミックスさせた変わったお家だそうです。あの辺は高級住宅街なのですが、キムタクの実家は特に大きくて目立っています。豪邸は豪邸ですよ。でも、外観からして『変わったセンスだな〜』と地元民の間で噂になっているそうですよ。センスの話をするのであれば、木村家も工藤静香も、つり合っているのではないでしょうか」(前同)

 一連のSMAP解散騒動でアンチが急増した工藤静香。今後、仕事でもプライベートでも信頼を回復することはできるのだろうか。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物の記者・編集者として活躍中。

関連記事(外部サイト)