文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索

文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索

文化人になりたい?押切もえが生き残りをかけ”キャラ変”を模索

 11月7日に発売の12月号をもって雑誌『AneCan』(小学館)の休刊が発表された。多くの嘆きの声が聞こえているが、雑誌の休刊を悲しむのは読者だけではなかった。

「今回の雑誌『AneCan』の休刊は、モデル達にも大きなプレッシャーになっていますね」と雑誌編集者は明かす。

「6月号で同誌の看板モデルである蛯原友里(36)、7月号で高垣麗子(36)が雑誌を卒業しましたが、11月号の休刊を踏まえての卒業だったと言われています。休刊するから『卒業』ではカッコがつきませんからね。年齢的にも30代のモデルが多く、今後の芸能活動を試行錯誤している人も少なくありません」

 その中でも特に印象的なモデルが、押切もえ(36)だと同記者は明かした。

■ベストセラー作家を激怒させた押切

 5月に第29回山本周五郎賞の発表があり、ベストセラー作家の湊かなえが受賞。授賞式では選考過程が説明され、実は押切もえも僅差でW受賞も検討されたと明かされた。

「これにはふだん温和な湊かなえさんが激怒したのです」と書籍編集者が振り返る。

「芥川賞を又吉直樹(36)が受賞したように、話題を集めたかった選考委員に対して『イロモノ扱いの作品と僅差』『二番煎じの愚策』と受賞エッセイで痛烈に批判したんです。普通、感謝の言葉や今後の抱負を語る受賞エッセイでの異例の批判としても注目されました」(同編集者)

 別の芸能関係者によると、試行錯誤はこれだけではない。

■二科展で受賞なるも…

 8月には二科展で2年連続入選した押切もえ。昨年と似たようなタッチの絵であるだけに受賞に首を傾げる人も多いが、これには理由があると芸能関係者は明かす。

「二科展は作者の名前は匿名で審査が行われます。そのため『押切もえ』として受賞するためには、昨年と作風を変えては審査員に気付いてもらえない可能性もある。あえて似せたのではと噂されています」

 これは押切もえだけでないと同関係者は振り返る。

「二科展に20回連続で入選している工藤静香(46)。彼女も毎年、似たようなタッチの絵画を出展しているのは有名です。工藤静香は今年、『会友推挙』も得ており、芸術家としての地位を確実にしたとも言えます。押切もえも第2の工藤静香を目指しているんでしょうね」(同芸能関係者)

 かつては一大ブームを巻き起こした押切もえ。ぜひ誰かの背中を追うのではなく、独自の道を再び切り開いてもらいたいものだ。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

関連記事(外部サイト)